あなたは良い睡眠がとれてますか?

皆さんもご存知の通り、睡眠には浅い眠りのレム睡眠と深い眠りのノンレム睡眠があります。レム睡眠ではからだを休め、ノンレム睡眠では大脳が休息しています。私たちは一晩でこれを繰り返しています。

ノンレム睡眠時に新陳代謝を促す成長ホルモンが分泌され、特に午後10時から午前2時まではお肌の代謝が活発に行われているので、遅くても12時には就寝した方がお肌にはとても良いのです。

実はこの大切な睡眠にケイ素が深く関わっているのです。

大脳の松果体から分泌されるメラトニンは、夜暗くなると分泌され、光の刺激によって分泌が抑制されます。なので、ドラキュラホルモンとも呼ばれているようです。笑)メラトニンには入眠作用や睡眠を維持する働きがあり、1日24時間の周期に合わせてリズムを刻む体内時計を正常に保つ働きがあります。

入眠して最初のノンレム睡眠が一番深い眠りで、ここで脳が休んだり、新陳代謝が活発に行われる大切な時間です。この最初のノンレム睡眠が睡眠の決め手となるのです。メラトニンはこの最初の深いノンレム睡眠を実現させる重要な役割を担っています。

そして、朝になると光の刺激で目が醒めるのもメラトニンの働きによるものであり、質の良い睡眠であれば、目覚めもすっきりとし爽やかに1日をスタートさせることができます。

このメラトニンがつくられているのが大脳の松果体であり、ケイ素は松果体の構成成分となっているのです。ケイ素が十分に補給されれば、松果体でメラトニンが正常に分泌されることにつながっていくのです。それが、良質な睡眠と新陳代謝につながっていくので、ケイ素は大切ですね。

ちなみに、夜に照明の明るいところに行くと、メラトニンが朝だと勘違いして分泌されなくなるそうです。スマホやパソコンのブルーライトもメラトニンの分泌を減らす作用があり、寝る直前に使用していると睡眠の妨げになるようです。私は夜もパソコンを開いているので、時間を決めて終わらせる習慣をつけないといけませんね。

皆さんもお気をつけくださいませ。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。