ケイ素とは

ここ最近、ケイ素が美容や健康などの方面から注目を浴びるようになってきました。そのケイ素(珪素=シリカ)とは、いったいどんなものなのか、いろいろとここに書いていきたいと思います。

ケイ素について、19世紀にワクチンの開発や予防接種を唱えたフランスの細菌学者ルイ・パスツールは、「ケイ素は治療の世界で大きな役割をはたす」といっており、また20世紀になって、性ホルモンの研究でノーベル賞を受賞(1939年)したドイツの生化学者アドルフ・ブーテナントは、「ケイ素は、今日も太古の昔も、生命の発生に決定的に関わり、生命の維持に必要不可欠なものである」と述べています。

ミネラルの大切さは、このスロビlaboでも書いておりますが、ケイ素はそのミネラルの1種です。ケイ素は人体において爪、骨、毛髪、血管、脳、筋肉、皮膚、肝臓、腎臓、胸腺などありとあらゆる部位に存在し、細胞内部のミトコンドリアの材料になり、働きを強化したりしています。中でも皮膚にはその多くが含まれています。また、研究の結果、骨粗しょう症との関係性も明らかになってきました。強くて丈夫な骨を作るためにはカルシウムが不可欠ですが、そのカルシウムを体内に効率よく吸収させるためのカギをケイ素が握っているのです。骨は、体の土台なのでとてもこれはとても重要なことですね。さらにコラーゲンの生成をサポートする働きがあるため、肌の弾力が保たれるのにも役立ちます。

残念なことにこのケイ素、年齢とともに体内では蓄えが減っていってしまいます。人体のケイ素のピークは20歳を境に能力が低下。年齢を重ねるとともに意識して摂り入れるようにしないと体内のケイ素はどんどん減っていってしまうのです。ケイ素は人体にとってとても有益な作用があるので、美容や健康のためにも不足分は補いたいところです。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。