ケイ素

ケイ素と血管

ケイ素が重要な材料になっている人体の臓器として、何より重要なのは血管です。

太い動脈から細い毛細血管まで、全身に張り巡らされた血管網は、身体中の細胞一つ一つに栄養、酸素、ホルモン、抗体などを運び二酸化炭素や老廃物など不要なものを運び出します。この血管網はの長さは、およそ10万キロメートルもあり、たった一人の血管で地球を約3周する長さです。この10万キロもの血管の中、99%は細い毛細血管が占めています。その細さは、なんと髪の毛の10分の1以下の5~10ミクロンなのです。

こんなに細い血管の中を血液が流れているのですが、血球は毛細血管と比べるとかなり大きいことをご存知でしょうか?

赤血球は直径が7~8ミクロン、白血球は5~20ミクロン(単球や好酸球などは15~20ミクロン、リンパ球は5ミクロン)、血小板は2~3ミクロンとされています。注(文献や資料により異なり、同じ血球位でも代償があります)これらの血球が5~10 ミクロンの毛細血管を通るのですから、もうぎゅうぎゅうですね。特に単球(マクロファージ等)は血管を詰まらせそうですよね。実際マクロファージは、大きさだけでなく活動そのものも、血管が詰まる原因になりやすい性質を持っているようです。

ではなぜ毛細血管の中を血球は移動できるのでしょうか?

毛細血管も血球も伸縮性があり、血管が広がったり、血球が形を変えたりして流れていくのです。この毛細血管が老朽化して弾力がなくなってくると、詰まったり破れたりして大変な病気を引き起こしてしまうのです。これが脳や心臓で起こると取り返しがつきませんね。この怖い血管の老朽化には、ケイ素不足が隠れているんです。ケイ素は血管の重要な材料ですが、これが十分に摂れていないと、血管の修復再生ができません。

ラットの実験でもケイ素には動脈硬化の原因となるコレステロールが酸化するのを防ぎ、血流障害を防ぐ働きがあると考えられる結果も出ているそうです。

しなやかで丈夫な血管で生きていくために、ケイ素の補給は大切ですね。

ピックアップ記事

  1. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  2. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  3. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!

関連記事

  1. ケイ素

    心筋細胞の体積の40%はミトコンドリア

    ミトコンドリアの活性のためには、ケイ素の摂取がとても大切です。そして、…

  2. ケイ素

    ケイ素が豊富な米ぬかを利用しよう!

    玄米には豊富にケイ素が含まれています。しかし、玄米を毎日食べるのは、な…

  3. ケイ素

    ケイ素は有名コスメにも使用されている!?

    日本では、最近になってケイ素の美容効果が知られるようになってきましたが…

  4. ケイ素

    骨にはカルシウムよりケイ素?

    ケイ素は、全身のあらゆる組織、臓器に存在し、細胞を構成しています。この…

  5. ケイ素

    ケイ素で綺麗な爪を目指す

    爪は1日約0.1mm伸び、6ヶ月ほどで生まれ変わります。美しい素肌が2…

  6. ケイ素

    ケイ素とは

    ここ最近、ケイ素が美容や健康などの方面から注目を浴びるようになってきま…

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP