ケイ素

コラーゲンを食べても意味がない

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、コラーゲンは、食べると消化のプロセスでいったんアミノ酸に分解されてしまいます。

コラーゲンは、グリシン、プロリン、ヒドロキシプロリンなどのアミノ酸がつながってできており、消化酵素でバラバラになると、今度は用途別のタンパク質の材料になります。再び同じコラーゲンになるかはわからないのです。また、コラーゲンを構成しているアミノ酸は種類が少ないため、コラーゲンの大量摂取は栄養のバランスを壊す恐れもあります。なので、コラーゲンを増やしたいからといって、コラーゲンを摂取する必要はなく、むしろいろいろなアミノ酸が含まれた肉、魚、大豆などをまんべんなく食べた方がいいようです。

そこで登場するのがケイ素。良い骨を作るためのコラーゲン(材料)、あるいはアミノ酸とカルシウム。これらをうまく接着させるのが、ケイ素なのです。ケイ素は、繊維質のコラーゲンとカルシウムを接着させ、骨密度を高めてくれるのです。

アメリカで行われたフラミンガム研究という大規模な地域コホート研究があります。地域コホート研究とは、特定の地域集団を対象に同じ調査を長期間に渡って続け、変化や特徴などをつかむことです。これはフラミンガムという地方都市で、住民を対象に1940年から行われた健康調査で、主に食生活による健康状態が調べられました。1970年代には、英米合同研究チームが、この研究に参加した人々の子供を対象にしたフラミンガム子孫研究をスタートさせ、食生活と健康状態が調べられました。

その中に、”食事に含まれるケイ素の量が骨密度に与える影響”が含まれており、その結果、男性や閉経前の女性では、ケイ素の摂取量が多いほど骨密度が高い(大腿骨頸部)ことが分かったのです。ケイ素摂取量が1日40mg以上のグループは、1日14mg以下のグループより、10%も骨密度が高いという結果になりました。また、食事におけるカルシウム摂取の違いによる骨密度の差は、最も多いグループと最も少ないグループで、わずか5%だったのです。

その結果を受けて、2004年4月には、「人体の骨の成長には、カルシウムだけだなくケイ素も必要であり、それによって質の高い骨になる」と発表されました。

ちなみにこの調査は、何十年にもわたって地域集団の健康を追跡し続けるという大規模なものであり、21世紀の今日も続けられているそうです。

ピックアップ記事

  1. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  2. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  3. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?

関連記事

  1. ケイ素

    がんの発生に深く関わるミトコンドリア

    ミトコンドリアにおいて活性酸素が発生してしまうのはしょうがありません。…

  2. ケイ素

    プリプリお肌

    赤ちゃんのようなプリプリお肌は、理想のお肌ですよね。しかし、年齢を重ね…

  3. ケイ素

    がんの発症と転移は、ミトコンドリアの衰えが原因?

    がんは、本来は健康な細胞の遺伝子が何らかの原因で傷つき、設計図が壊れて…

  4. ケイ素

    ケイ素の不足で、骨やコラーゲンに異常!?

    動物実験は、私個人としてはあまり好きではないのですが、ケイ素欠乏した動…

  5. ケイ素

    ドイツでは、古くから知られている

    医療先進国であるドイツでは、ケイ素が人間の健康にとってとても重要な栄養…

  6. ケイ素

    強い抗酸化力で体快適!2

    忙しい日々の生活も、活性酸素を増やすといわれています。たくさん…

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP