ダイエットやむくみにも

巷にはダイエットの情報が溢れかえっています。女性誌にはよく特集が組んでありますね。色々なダイエット法が次々と出ては、消えて行きます。皆様も何かは試されたのではないでしょうか。

実は、ケイ素にもダイエット効果が期待できるのです。

では、なぜケイ素がダイエットに役立つのか?

その理由を知るには、からだとイオンの関係を知らなければいけません。

イオンとは電気を帯びた原子や原子団のことです。中性の原子や原子団が電子を得たり失ったりすると、負または正の電気を帯びた粒子が得られます。正の電気を帯びたものをプラスイオンといい、負の電気を帯びたものをマイナスイオンといいます。

からだの中にはナトリウムイオンやカリウムイオン、カルシウムイオン、マグネシウムイオンなどのプラスイオンと、炭酸水素イオンや塩化物イオン、たんぱく質などマイナスイオンがあります。こうしたイオン元素が細胞の内外でバランスをとって健康を保っています。水太りといわれるむくみの現象は、細胞内外のイオン交換が滞り、細胞内に水分が多く留まってしまうことで、むくみが起きます。

細胞が生きていくには、人間が水や食物を摂取して、消化、排出しているように、様々な物質を取り込み、排泄しなければいけません。ですから細胞膜の内外を水やイオンなど様々な物質が出入りしていると考えられています。その出入りを可能にしているのが、細胞膜のイオンチャンネルと呼ばれる水門のようなシステムです。細胞内外の電位差とイオン濃度の差により開閉して、物質が出入りしています。また、イオンチャンネルとは別に、イオン交換を行うポンプも存在します。その一つがナトリウムポンプです。細胞内のナトリウムイオンを排出して、代わりにカリウムイオンを取り込み、バランスを取るようにしています。また、イオン交換時には、同時に栄養素や酸素を取り込み、炭酸ガスや老廃物を排出しています。

水太りやむくみは、細胞内外のイオン交換が停滞することで生じるので、イオン交換を活性化させることで、水太りやむくみを解消できます。そしてケイ素はイオン交換を活性化させる役割が期待されているのです。イオン交換が活性化すれば、新陳代謝も活発になり、ダイエット効果も出てくることでしょう。

ケイ素とさらに弊社製品の酵素八十八選とミネフル70を合わせたファスティングを取り入れることによって、確実な成果が得られると思います。とっておき情報で、これらのメニューに合わせて、小麦粉を完全に半年間抜いてみてください。びっくりするぐらいの変化が起こると思いますよ〜。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。