ドイツでは、古くから知られている

医療先進国であるドイツでは、ケイ素が人間の健康にとってとても重要な栄養素であることは、古くから知られています。

ドイツでは、「病気にならない身体づくり」が究極の医療であると考えられているようです。そういった状況から医薬品の他にハーブなどを使った自然療法(代替医療)が昔からとても盛んなのです。さらに日本ではサプリメントは栄養補助食品と見なされていますが、ドイツでは人間の身体に必要な栄養素として必要不可欠なものと考えられているようです。

ですから、原料は汚染されていない自然由来のものを使用し、製造については製薬レベルと同程度の厳しい基準が設けられています。また、効果も臨床実験で医学的に実証しなければいけないようです。こういった厳しい条件をクリアしたものだけが”レホルム製品”という名称で販売することが認められています。

ドイツ国内では、レホルム製品を専門に扱うレホルムショップが多数あり、その中でも最も人気があるサプリメントがケイ素系のものので、現在ではドイツの他にヨーロッパ各国でも、ケイ素系のサプリメントの売り上げが上がっているようです。このようにケイ素は、ドイツをはじめヨーロッパ各国では、長い間、ケイ素が人間にとって必要な栄養素であると認知されているのです。

ドイツにおいては、効果も臨床実験で医学的に実証しなければいけないという基準があるので、その国で製品化ができているということは、実証できているということになると思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。