ケイ素

プリプリお肌

赤ちゃんのようなプリプリお肌は、理想のお肌ですよね。しかし、年齢を重ねるに従ってカサついたりくすんできたり、小ジワやシミも。。。

実はここで効果を発揮するのがケイ素なんです。最近では、ハリウッド女優や、モデル、女性アーティストもケイ素入りの水を愛用しているそうです。

お肌の新陳代謝が活発だと、28日サイクルでターンオーバーしすべすべの肌が保たれますが、新陳代謝が衰えてサイクルが長くなっていくと、角質層に古い角質がとどまって、ガサついた肌になったり、シミの沈着がおきます。新陳代謝を正常に戻すには、細胞を構成するための成分が必要になってきます。コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などです。しかし、これらをサプリメントで摂取しても、コラーゲンは消化酵素でアミノ酸に分解されてしまいそれがどこに使われるのかはわかりませんし、エラスチンやヒアルロン酸を摂取しても、やはり消化酵素で分解されてしまいます。

こうした状態を打破してくれるのがケイ素なのです。

日々栄養バランスの良い食事を摂って、さらにケイ素をプラスすることで、フレッシュなコラーゲン、エラスチン。ヒアルロン酸などをケイ素がしっかりと結びつけてくれるのです。ケイ素が接着剤の働きをしているといえそうです。

組織が丈夫になることで、弾力性のある真皮に生まれ変わり、新陳代謝が活発になり潤いのあるしっとり肌になっていきます。ここで重要なのが、ケイ素が元素であることです。元素とは「それ以上に分解しえない物質」なので、体内で分解されることなく、そのまま細胞に届きます。

赤ちゃんのようなぷりぷり肌を目指して、ケイ素を毎日摂りましょう〜!!

 

ピックアップ記事

  1. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  2. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  3. デトックスで 腸内環境を整えよう!

関連記事

  1. ケイ素

    コラーゲンを食べても意味がない

    ご存知の方もいらっしゃると思いますが、コラーゲンは、食べると消化のプロ…

  2. ケイ素

    ケイ素とは

    ここ最近、ケイ素が美容や健康などの方面から注目を浴びるようになってきま…

  3. ケイ素

    デトックス作用

    からだの中に有害物質、特に重金属などが蓄積されているかもしれないという…

  4. ケイ素

    骨にはカルシウムよりケイ素?

    ケイ素は、全身のあらゆる組織、臓器に存在し、細胞を構成しています。この…

  5. ケイ素

    科学雑誌ネイチャーに掲載

    ケイ素の発見当初は、岩石などに大量に含まれていることからも、栄養とは程…

  6. ケイ素

    ケイ素の豊富な食べ物

    本来栄養素とは、食事を通して摂取するものです。ケイ素も同じで、土壌から…

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP