強い抗酸化力で体快適!

抗酸化力とは、あらゆるものが酸化するのを抑える力です。酸化とはよく鉄などのサビにたとえられますが、実際にも同じで、物質がサビて劣化、老化する現象です。

近年、活性酸素の害がよく取り上げられていますので、ご存知の方も多いと思います。酸素は重要な物質ですが、同じ酸素でも電子の過不足で不安定になった活性酸素は、人間の体の様々な箇所を傷つけ、病気や老化の大きな原因となっています。

ではなぜ活性酸素などというよろしくない物質が存在するのでしょうか?

その基本となるのが呼吸です。私たち人間が呼吸によって酸素を体内に取り込むと、その多くは代謝のために使われます。食事で摂取した糖をブドウ糖に変えたり、たんぱく質をアミノ酸に分解するなど、栄養をエネルギーにしたり蓄えたりする時に酸素が必要なのです。しかし酸素の一部は、自動的に活性酸素に変化してしまうのです。他にも、紫外線や人工的な化学物質、電磁波などでも発生するようです。

たとえば、がん、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病は、活性酸素が細胞、あるいはその中にある遺伝子を傷つけることが病気の引き金になっているとも言われています。ですから、こういった病気を防ぐには、生活習慣を変えて活性酸素があまり発生しないようにすることや、抗酸化物質、つまり酸化を防ぐ物質を積極的に補充していくことが必要になってきます。

そこでケイ素が役立つのです。

ケイ素は強い抗酸化力がある物質であり、全身の臓器、組織が活性酸素で酸化されるのを防ぐことができるそうです。ですからケイ素は、人間の全ての組織、臓器の構成要素であり、そのための必須栄養素でもあり、そこから加えて様々な生活習慣病の引き金となる活性酸素の害を防ぐ抗酸化物質でもあるということです。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。