夏の冷え対策に 生活改善+酵素習慣を!

クーラーや冷たい飲み物でからだを冷やしていませんか?夏の「冷え」に負けないからだづくりにも酵素が役立ちます。

冷えは万病のもと女性は特に注意!

夏はクーラーの効きすぎや冷たいものの飲みすぎ、食べすぎなどで、気づかないうちにからだを冷やしていることが多いものです。

「冷え」は血液循環の悪さや、自律神経の乱れによって起こるとも考えられており、だるさや肌荒れ、肩こりやお通じの滞りなどの原因ともなります。「冷えは万病のもと」という言葉もありますが、その状態が続けば免疫力が低下して新陳代謝が悪くなり、大きな病気につながる可能性も出てきてしまうでしょう。

03

一般的に、女性は男性にくらべて筋肉の量が少なく血管が細いため、血液が流れにくいといわれています。また、冷えはホルモンバランスの乱れによっても起こると考えられているので、女性は特に注意が必要です。

酵素を無駄なく働かせ、めぐりをよくする

冷えの原因には、ストレスや不規則な生活、食生活の乱れ、服装によるからだの締め付け、貧血などによる血液循環の悪化、運動不足などもありますが、こうした原因をできるだけ取り除いて、普段から冷えないからだづくりを心掛けたいものです。冷え対策には、からだのめぐりをよくするのもポイントですが、そのためには「体内酵素」を効率よく働かせることも大切です。

体内酵素とは生まれながらにからだの中にある酵素のことで、簡単にいえば、「消化」と「代謝」の2つの働きを担うものです。「消化酵素」は食べたものをからだに吸収しやすいよう消化する働きをし、「代謝酵素」は消化によって得たエネルギーを、運動、呼吸、新陳代謝など、あらゆる生命活動にめぐらせる役割を果たしています。

体内酵素の持ち分は決まっていて増えることはなく、年齢とともに減少していきますが、これは加齢とともに代謝が悪くなる原因のひとつです。また、消化に使われる酵素が多すぎると代謝にまわす酵素が不足するという研究報告もあります。食べすぎるとだるくなりますが、それは消化酵素が過剰に使われて代謝にまわすべき酵素が足りなくなっている状態なのです。

消化酵素の浪費を防ぎ、体内酵素の不足を補うためには、食べすぎないこと、食事をよく噛んで消化酵素を節約すること、また食事によって外から酵素を補うことです。酵素がたくさん含まれている野菜や果物、納豆や味噌などの発酵食品を積極的に摂るのもいいですが、より手軽に摂るなら酵素ドリンク「野草原液酵素八十八選」を利用するのがおすすめです。

酵素八十八選は添加物もなく、速やかに体内に吸収できるようにすでに分解された状態なので、消化酵素を消費することなく、効率よく酵素を代謝にまわすことができます。

ファスティングで内臓から元気になる

現代人の多くは食べすぎといわれていますが、短期間のファスティング(断食)をすれば内臓を休ませ、からだ本来の機能を取り戻すこともできます。本格的には医師の指導のもとに行いますが、簡単に個人で行うこともできます。

その場合、必要な栄養素を酵素ドリンクで補いながら、最長でも3日間を限度とします。ファスティングには味覚をリセットする作用もあり、野菜など、素材そのものの味がいきいきと感じられるようになるのもいいところでしょう。

0003

ファスティングはダイエットのためにすることもありますが、本来は不要なものを体外に出すための健康法です。痩せたいからといって無理は禁物。体調管理のために取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。