朝食を酵素ドリンクに!

「ナチュラル・ハイジーン」という健康理論があります。19世紀のアメリカの医師たちによって生まれた健康理論です。その考え方の中に、消化活動について以下のように述べられています。消化活動はたくさんのエネルギーを必要としていて、水泳やフルマラソン以上とも言われています。

皆さんも食後に眠くなったり、食べ過ぎてだるさを感じたりしたことがあるのではないでしょうか。これが、まさに腸が食べ物の消化にエネルギーを注いでいるために感じる体の反応なのです。

「ナチュラルハイジーンの消化器官のサイクル」
4:00〜12:00 排泄(デトックス)の時間帯
12:00〜20:00 消化に適した時間帯
20:00〜4:00 栄養吸収と代謝の時間帯

午前中は、体の毒素を出し切って排泄を促す時間です。ここでしっかりとした食事は禁物です。食事をして消化活動が始まると、排泄の機能がストップしてしまいます。ですから、消化酵素が活発に働き出す12時から20時までが食事をするベストな時間帯です。

20時以降は、食事でとった栄養素が消化・吸収され、古くなった細胞の再生や新たな酵素の生産、体内の老廃物の排泄の準備として新陳代謝が活発に行われます。この時間帯に、しっかりと睡眠を取ると、さらに代謝が活性化して免疫力の向上に役立ちます。深夜の食事や深酒、夜更かしなどを続けていると新陳代謝が正常に行われません。これが、体調不良や老化の原因にも・・・。

朝食は、排泄がスムーズに進むように、水分をしっかりととって消化酵素を消費しないような果物やフレッシュジュース、酵素ジュースなど軽いお食事に変更してみましょう。

そして、体の消化の準備が出来ている12時から20時の間にしっかりとお食事をとりましょう。

20時以降は何も食べない!夜も早めに休む!といった生活に切り替えてみましょう。

そうすると、16時間消化管をお休みさせる事が出来るので、毎日プチ断食とデトックスができているという事にもなります。

生活習慣を少し変えてみることで、朝の目覚めが良くなったり、体の軽さを感じられるようになるかもしれません。自分の体の変化を感じてみてください!

*午前中、ジュースだけではお腹が空いてしまうという方、酵素ジュースと置き換えてみるのもいいと思います。
その場合、酵素八十八選20〜40mlを2〜3倍のお水や豆乳で割るなど、お好みに合わせて薄めてみて下さい。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。