胸式呼吸はゲートを閉じる!?

Terra tuaでは、ある場所を意識しながらの呼吸をお伝えしていきます。

横隔膜を意識するよりも、こちらを意識した方が結果横隔膜がとても動くのです。

私のところに来られるクライアントのほとんどが、胸式呼吸をしています。そして胸式呼吸の方は決まって、ブリージングを指導すると「苦しい」といいます。これは、なぜかというと新しい場所を意識しながら呼吸をしていただくのですが、同時に胸式もやってしまうので、苦しいのです。胸式呼吸ですと肩や首や胸の筋肉に力が入ってしまいます。胸式呼吸で生きていると常に肩や首や胸の筋肉が緊張している状態になります。緊張状態が続いていく結果、からだに入る空気の量も少なくなってしまうのです。

この過程を経て、呼吸が非常に楽になっていくクライアントは、肩や首や胸の筋肉等の余分な箇所を緩めて呼吸ができる感覚を掴んだのです。こうなると、日常から体が緩んだ状態でたっぷりと空気を取り入れる呼吸へと変化するのです。

呼吸が楽にできるようになったクライアントは、生きることがどんどん楽になってきています。

これを可能にしていくのが、ある場所を意識した呼吸なのです。

Terra tuaは、その方法をお伝えしていきます

コツさえ掴んでしまえば、誰でもできるのです。そして、簡単なのです。これだけで生きることが楽になっていくので、覚えない手はないですね。笑)一度この呼吸を掴んだあなたは、胸式呼吸にはもう戻りたくなくなるはずです。

そして、スピ系的な話になりますが、胸式呼吸を続ける限り、あなたのからだのゲートが開くことはないでしょう。

 

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。