健康ネタ

「寝だめ」はホントにできる?

クタクタだから寝る……というのは、正しい疲労回復方法です。特に、仕事で忙しい日が続いた時は、思う存分寝たいもの。しかし、あまりに疲れているからといって、「睡眠時間を増やして寝だめをする」というのは避けるべきです。

なぜなら、体内時計は朝の起床時間を起点として動いているからです。例えば、いつもより1時間遅く起きると、就寝時間も1時間遅くなります。

すると、どうなるでしょうか?

日曜日の夜になかなか眠れず、結局月曜日から睡眠不足で眠い……ということになるのです。これは誰もが、経験があると思います。

週末の寝坊はできるだけしないで、足りない分は30分程度の昼寝で補えばOK。疲れたから「寝だめ」でリフレッシュしようというのは、実は逆効果となります。

また、睡眠不足の際に、疲れをとるために甘いものを食べる人は多いと思います。でもこれもまた、逆効果になってしまうことがあるんです。

人間は、甘いものを摂ると血糖値が高くなります。そして私たちの体は、血糖値が高くなれば低くしようと働く仕組みなので、今度は血糖値が低くなり、これがどんよりとした疲労へとつながります。 

疲れたら、短期間でいいので眠ること。これに勝る対処法はないでしょう。

ピックアップ記事

  1. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  2. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  3. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!

関連記事

  1. 健康ネタ

    ダイエットしたいならまず睡眠時間をチェック

    「ダイエットを成功させたい!」…

  2. 健康ネタ

    一日一個のリンゴで健康に

    そのまま食べたり、ジュースやケーキの具材にしたりと、私たちに身近なリン…

  3. 健康ネタ

    口内炎の予防と対策

    ストレスや風邪、睡眠不足などと一緒に訪れる口内炎。食事などで痛くてイラ…

  4. 健康ネタ

    白砂糖の摂りすぎにご注意

    甘いお菓子に入っている白砂糖。これは、肥満や生活習慣病のきっかけになる…

  5. 健康ネタ

    冬の入浴はヒートショックに気を付けて

    寒いところから熱いお風呂へ……。温泉などでよくある冬の醍醐味ではありま…

  6. 健康ネタ

    睡眠で酵素を活性化

    よく眠った翌朝は、頭も体もすっきりして、たくさん動けますよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP