『カロリーゼロ』の甘いワナ?

 

カロリーゼロのダイエット系炭酸飲料が、ここ数年の間に増えてきました。「甘いものを飲んでも太らない!」と思って、つい手にした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、ここにきて驚きのニュースです。先日、「カロリーゼロ飲料は通常の炭酸飲料にはない害を含み、飲み続けていると太る可能性もある」という研究結果が報告されました。

これは、テキサス大学のヘレン・ヘイズダ教授が米国糖尿病学会議で発表したもの。教授は9年半の時期、474人の成人男女の健康や食習慣などを記録して、この結論に至ったそうです。

長きにわたる調査により、ダイエット系飲料好きの人はそうでない人と比べると70%も速くウエストのサイズが大きくなることがわかりました。

飲む人と飲まない人の差が顕著に表れ、もともとの健康状態などの様々な要因を考慮しても、ダイエット系飲料によって太りやすくなるという結論になります。

また、人間だけでなく、マウスを使った実験も行ったそうです。その結果、カロリーを抑えた飲料に用いられるアスパルテームという人工甘味料が、糖尿病の初期段階に起こりやすい膵臓内の影響を与えているということも明らかになりました。

同教授によると、「人工甘味料は食欲を促進させ、満足感を感知する脳の細胞に損傷を与える可能性が高い。天然糖分の不足により、さらに甘いものへの欲求が増してしまう」とのことです。

ダイエット系炭酸飲料は『カロリーゼロ』かもしれませんが、それに安心して過剰に摂取してしまうと良くないのですね。嗜好品として楽しむのは結構ですが、節度は守ったほうが良さそうです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。