健康ネタ

どうしても夜食を食べたくなったら

夜に食べると太るというのは常識ですよね。腸内が休めず、不規則な生活に陥るきっかけにもなります。

でも、おなかがすいて眠れない……というのも困るもの。夜中に食べても、ぎりぎり許される食事と対策についてお伝えします。

いつものクセを変える

生活リズムを見直すことが大事です。空腹のままスーパーに寄って、おそうざいやビールを買うという人は要注意。買ったものを残すというのはなかなかできませんし、つい深夜まで一人で飲み食いしてしまう、悪い習慣が根付いてしまいます。

買い物に行く前に飲み物を一杯飲んでお腹を満たしておいたり、アメをなめておくだけでも買い物抑制に意外と効果があるものです。

バナナやキャベツなど、食べごたえがあってお腹にたまるものを夕方に食べておくのもいいですね。

夜食で選ぶなら、野菜やフルーツなど、塩分のないものがベター。ヨーグルトドリンクなどもお腹にたまりやすくて人気です。

深夜に食事をとる隠れたデメリット

深夜に食事をとるとよくないのは、塩分をとることによって交感神経が優位になって質の良い睡眠ができないから。

厚生労働省は1日の塩分摂取量として10グラム以下を推奨しています。

カップラーメンやコンビニのお弁当は1食で5グラム以上含まれているので、特に気を付けなければいけません。

深夜の食事をできるだけ減らして、快適な目覚めができるようにしましょう。

ピックアップ記事

  1. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  2. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  3. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!

関連記事

  1. 健康ネタ

    カロリーゼロなのになぜ?人口甘味料を定期的に摂ると6倍太る?

    近年の健康志向からカロリーゼロを売りにした商品が多数出ています。…

  2. 健康ネタ

    忘年会、新年会シーズンの過ごし方

    年末年始は、お酒の場に行くことも多いと思います。その場合は、ま…

  3. 健康ネタ

    万病の元、消化不良

    「消化に悪いものは食べないように」。そんなアドバイスを受けたことがある…

  4. 健康ネタ

    腸内細菌と健康

    私たちの腸内には、細菌がおよそ100種類、100兆個も生息しています。…

  5. 健康ネタ

    強い味方の納豆菌

    私たちの腸内には、実に100兆という数の微生物がいます。ご存知でしたか…

  6. 健康ネタ

    酵素と睡眠不足の関係

    忙しい現代人の問題として、睡眠不足が挙げられます。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP