健康ネタ

エアコン病を防ぐ

今年も暑い夏になりそうですね。数年前からオフィス内での冷房設定温度を28℃程度とし、その室温でも快適に働けるビジネススタイル「クールビズ」の導入が推進されています。でも、夏なのにエアコンの「冷え」による苦労を感じている人も多いのではないでしょうか。

女性はスカート姿も多く、冷気の影響を受けやすいことなどから、冷房で体調をくずすいわゆる「エアコン病」になりやすいと言われています。夏を楽しく元気にすごすために、エアコン病について知っておきましょう。

主な原因は、エアコンによる体の冷えすぎと、室内と暑い戸外との温度差に体がついていけなくなることです。主にこの2つによって起こる自律神経失調症の一種なのです。

自律神経が対応できるのは、温度差5℃以内くらいまで。それ以上の激しい温度変化にさらされていると、体温調節がうまくいかなくなり、自律神経も乱れやすくなって、さまざまな体の不調が出てしまいます。

主な症状は、体の冷え、頭痛、肩こり、だるさ、胃腸障害、腰痛、手足のむくみなど。女性の場合はホルモンバランスの乱れから月経不順を起こすことがあります。

 

エアコン病の対策

エアコンの設定温度を25~28℃程度にして、外の気温との差を5℃以内に保ちましょう。また、電車やバスで通勤をする人は、体を冷やさないようにするべきです。

軽くストレッチをして、体の血行を促すのも大事ですね。汗をかくのは体温調節機能を正常に保つのに効果があるため、汗をかく運動が理想的です

そして以外に大事なのが入浴です。夏は暑いからとシャワーだけですませてしまいがちですが、できれば湯舟につかりたいもの。半身浴をすると、冷えて収縮した血管が広がり、体が温まります。

エアコンは便利で快適ですが、油断をしていると体調不良のきっかけに、気を付けてくださいね。

 

ピックアップ記事

  1. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  2. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  3. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!

関連記事

  1. 健康ネタ

    疲れている時は酸っぱいものを

    レモンや酢は、昔から疲労回復効果のある食材として知られています。…

  2. 健康ネタ

    食品から摂る栄養素は、 サプリメントから摂るものとは違います。

    あるお客様とお電話でお話した時に、こんなご質問がありました。(…

  3. 健康ネタ

    意外に辛い「秋バテ」

    10月から11月にかけて、天候が変わりやすいこの頃には、体調を崩しやす…

  4. 健康ネタ

    体質改善 基本編

    まずはできるところから。体質改善して、より健康に!体質改善の基…

  5. 健康ネタ

    ビールが生み出す嬉しい効果

    夏といえばビール! と、夜の一杯を楽しみにしている…

  6. 健康ネタ

    食べ物で腸をきれいに

    腸は健康を守る重要な役目をしてくれます。腸が弱って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP