健康ネタ

カフェインはほどほどに

 

朝、眠気覚ましのコーヒーを飲むのが日課……。そんな人は多いのではないでしょうか。また、仕事の休憩時間にはコーヒーを飲むというのもよく見かける光景です。

コーヒーに含まれているカフェイン、海外ではアルコールやタバコ同様に摂取を規制されるべきものとして、主張されているのをご存知でしょうか?

多量のカフェイン摂取で小さな子どもが死亡するといった事件が起こるなど、アメリカではカフェイン含有量の多いエナジードリンクが原因で、死亡事故が確認されています。

カフェインには交感神経を刺激する成分が含まれているため、私たちに攻撃性や精神異常をもたらすこともあるとされています。

また、カフェインの摂取を続けている子どもは、成人した後になって、アルコールやドラッグ、タバコに依存する傾向が強いこともいわれています。夜、カフェインの摂りすぎで眠れずに睡眠不足、連鎖的に体調不良……というのもよく聞く話ですね。

さらに、カフェインは、利尿作用があるので、ダイエット中には悪い作用となります。飲んだ後は、お水やジュースなどで水分補給をしておきたいところです。

コーヒーはどこでも手に入りますが、その効果を正しく理解し、効果的に摂取することが大切ですね。毎日、何杯も飲んでしまうという方は、ミネラルウォーターなどに替えてみる工夫が必要でしょう。

ピックアップ記事

  1. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  2. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  3. デトックスで 腸内環境を整えよう!

関連記事

  1. 健康ネタ

    サプリメントの飲み方の注意点

    サプリメントは水で飲むものです。ミルクやオレンジジュースで飲むと、吸収…

  2. ファスティング

    冬の乾燥肌対策にも酵素

    お肌のケアに関しては、乾燥しがちな冬は他の季節とは違う特別なケアをして…

  3. 健康ネタ

    疲れにくくするためのコツ

    どうも仕事の疲れが取れない……。たくさん寝ているのに疲れている、という…

  4. 健康ネタ

    ヘルシーな鶏肉で健康生活

    唐揚げに照り焼き、鍋料理に入れて……と、鶏肉を使った料理はどれも馴染み…

  5. 健康ネタ

    体に優しい入浴

    寒い季節は、夜のお風呂がありがたいですよね。熱いお風呂に入るのが好きな…

  6. ダイエット方法

    飲み会続きで太る理由

    新年会で盛り上がり、「二日酔い」……。翌日までお酒が残ってしまったり、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP