カフェインを取らずに活力を取り戻す方法

カフェイン中毒の怖さ、依存性は深刻です。

「コーヒーの代わりに目覚められるものはないかな?」と思われたら、代用品の食事や、コーヒーを飲む代わりとなる方法をお試しください。

頭がなんだかシャッキリとしない場合、タンパク質を多く含んだスナックが効果的です。例えば、プロテインドリンクを飲むのもいいですし、リンゴにクリーミーなピーナッツバター、チーズ、アーモンドとドライフルーツなどは、プロテインを多く含んでいます。

コンビニに行く際にも、プロテインドリンクがないかを探してみてください。

また、ビタミンBの摂取も大切です。これの欠乏は「エネルギーレベルを下げる」などの影響が出ることが研究で明らかになっています。精神的に不安定だったり、注意力が散漫だったり、心配性になったり、気持ちが落ち込んでしまったりという症状は、ビタミンB不足を知らせる兆候なのですね。

疲れが取れない方は、ビタミンBを多く含んだビタミン剤を摂取してみてください。薬局やスーパーなどでも、最近では各種取り揃えられています。

マルチビタミンを摂取する方法もあります。この場合、他のミネラルや栄養素も一緒に補給できるので便利ですね。マルチビタミンを摂取する場合、食事中、特に朝食時に飲むと効果的です

最後にオススメするのは、短時間エクササイズで気持ちを変えること。疲れている時にジムに行くのは大変ですが、ある調査結果によると「短時間のエクササイズでも、仕事を乗り越えるためのエネルギーアップ効果が認められた」とされています。

リラックスタイムのコーヒーは格別。でも、それだけに頼らないように、工夫をしてみてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。