デトックスで 腸内環境を整えよう!

最近注目されている「デトックス」とは、体内にたまった毒物を排出する健康法。腸内もきれいにお掃除することができます。

身体にたまる毒って何?

私たちは日常生活の中で、どのような毒素を体内にため込んでしまうのでしょうか。「毒」とはそもそも、健康に害を及ぼすもののことをいいます。私たちが生活の中で触れる毒とは、農産物の残留農薬や食品添加物、薬、自動車や工場などからの排気ガス、シャンプーやリンス、毛染め剤、洗濯用洗剤、生理用ナプキンなどに含まれる化学物質や重金属(カドミウム、鉛、ヒ素、水銀など)などです。

01

また、排泄されずに体内に留まっている老廃物や脂肪、精神的なストレスなども身体に悪影響を及ぼす毒といえるでしょう。 人の身体には、取り込んだりため込んだ毒を、汗や便、尿などによって排泄する機能が備わっていますが、この機能が何らかの原因でうまく働かなかったり、排泄機能が追いつかないほど毒素を摂り過ぎたりすれば、毒が蓄積されて何らかの不調が起きてきます。

ファスティングで腸内もきれいに!

毒がたまれば、肩こりや冷え性、肌の老化や疲労感、アレルギー、免疫力の低下や精神的なイライラや落ち着きのなさなどのあらゆる不調が起き、そうした症状が続けば、さらに大きな病気へとつながりかねません。毒を体内に入れない、ためない生活にシフトし、季節の変わり目にはファスティングによるデトックスなどをして、四季を通じて健やかに過ごしたいものです。ファスティングは、不調を感じたときに行ってもいいでしょう。

基本的には医師の指導のもとに行うものですが、しっかり栄養を摂りながらの1〜3日間程度の「半断食」なら、個人でも手軽にできます。その際は、酵素ドリンクなどで必要な栄養素を補いながら行います。理想的な酵素ドリンクは、しっかり発酵・熟成されていて、体内の消化酵素を浪費する必要がないほどに栄養素が細かく分解されているものです。栄養素を速やかに各器官に届けることができ代謝の働きを高めるので、毒を出す排泄機能もアップするのです。

ファスティングによって、腸内環境も整います。まず、食事を断つことで毒素となる要素を遮断します。そして善玉菌の餌となる酵素ドリンクの良質な栄養素だけを摂れば善玉菌が活性化し、悪玉菌も減るのです。腸がいきいきとしてくれば、毒素の排泄力も高まります。腸にはたくさんの細菌が棲んでおり、その種類は成人で1000以上、数は1000兆個ともいわれ、腸管には全身の6割の免疫細胞が集まっているという説もあるそうです。

腸でつくられるセロトニンという物質が「幸せ」を感じるのに関わっているともいわれています。つまり腸内環境を整えることが、病気を寄せ付けない健康づくりの要であり、さらに人生や生活の質を高めることにつながるのです。腸内環境をよい状態に保つためには、ファスティング後の食生活の改善も大切です。食品添加物や農薬、油の摂り過ぎを避け、味噌や納豆、漬け物などの発酵食品や、野菜や豆類、種子類、海藻類などをバランスよく取り入れた善玉菌を活性化させる食生活を心がけましょう。

珪素をプラスして排泄力をアップ!

酵素ドリンクでのファスティングに加えて注目したいのが、「珪素」によるデトックスです。珪素とは元素(元素記号はSi)で身体の細胞をつくる成分であり、新陳代謝を司る、私たちの身体になくてはならない重要な成分です。栄養と一緒に摂れば吸収をよくしてくれる働きや、体内に取り込んでしまった有害物質、重金属類を吸着して、排泄してくれる「キレート作用」も期待できます。

様々な重篤な病気も、もともとは活性酸素の発生による酸化がからんでいるという説もありますが、珪素は抗酸化物質で、活性酸素も減らしてくれます。また、腸の活動を元気づけるのは食物繊維ですが、食物繊維とは植物の細胞壁であり、つまり珪素によって形づくられているものなので、珪素を摂ることで腸内環境も良好に保たれます。珪素は食品でいえば、昆布やわかめなどの海藻や、玄米などの雑穀類、大豆などの豆類、ごぼう、パセリ、大根、人参などの野菜類、あさり、蛤、牡蠣などの貝類に含まれています。

そうした食品を積極的に摂ることが大事ですが、現代人は過度なストレスによって栄養を必要以上に浪費してしまうため、珪素も不足しがちです。さらに昔に比べて畑のミネラル分が少なくなったせいで農産物に含まれる栄養素が減っており、普通の食事で必要な栄養素を摂ることがむずかしいともいわれています。珪素に関しても、より意識的に摂り入れる工夫が必要です。ファスティングや珪素を賢く利用して、心身ともに健やかな生活を目指していきたいですね。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。