メタボより怖い? サルコペニア肥満

メタボ太りの危険性が叫ばれて久しいですが、サルコペニア肥満という言葉はご存知ですか?

サルコペニア肥満とは、筋肉が減り、筋肉に脂肪が入り込んだ肥満を指します。

現在、なんと40歳以上の4人に1人がその疑いがある、もしくはサルコペニア肥満になっており、どんな人にもなる可能性がある肥満です。

サルコペニア肥満には、女性は高血圧のリスクが2.3倍、糖尿病のリスクは19倍となる特徴があります。痩せている人でも起こり得るのが特徴であり、自主的にサルコペニア肥満をチェックする方法があります。

サルコペニア肥満のチェック方法

サルコペニア肥満は筋肉量が低下して起こる肥満です。BMIと筋肉率を調べることでチェックができます。「BMIが25以上」、「筋肉率が22%未満」。この2つに当てはまるとサルコペニア肥満の可能性があるといえます。

サルコペニア肥満を予防するポイントは筋力アップです。筋肉はたんぱく質で生成されます。たんぱく質を構成しているBCAAと呼ばれる必須アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)に筋肉を蓄える作用があり、BCAAを多く摂取することで筋肉量を増やせます。

普段から運動する習慣がないという方は、ぜひ毎日数分でもいいので、かんたんな筋トレを取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。