七草粥の効果

そろそろ七草粥の日がやってきます。「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」、子どものころに勉強した方も多いでしょう。ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのことを指します。

この七草をお粥にして1月7日に食べる七草粥の習慣は、土地によって異なりますが、豊年を祈願し、健康と幸せと願いながらお粥をいただくのは全国共通です。

七草粥の効果

七草は「食べると邪気を払う」といわれました。そこで、無病息災を祈って七草粥を食べたのですが、実はこの七草粥、とても理に叶った食品です。

七草はいわば日本のハーブのような健康食。それを胃腸に負担がかからないお粥で食べようというのですから、ごちそうをたくさん食べてクタクタになっている胃腸の回復には、ちょうどよい食べものです。

七草にはどのようなパワーがあるのでしょうか。まずセリですが、これには鉄分が多く含まれているので増血の効果があります。

次にナズナ。これは熱を下げる、また利尿作用などがあります。

ハコベラはタンパク質が比較的多く含まれ、ミネラルそのほかの栄養に富んでいます。

スズナ・スズシロはジアスターゼが消化を促進し、胃腸を助けます。

どれもビタミンがたっぷり含まれていますし、滋養効果が十分。ぜひこの風習を取り入れ、健康体でいたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。