万病の元、消化不良

「消化に悪いものは食べないように」。そんなアドバイスを受けたことがある人も多いと思います。

食べたものは、胃腸の運動や胃酸、消化酵素などによって消化されていきます。疾患がないのに、胃腸の働きが低下して膨満感、胸やけ、吐き気、食欲不振などさまざまな症状を引き起こすのが消化不良です。

  • 消化不良の原因1 暴飲暴食 早食い

食べ過ぎや、適量を超えたアルコールや炭酸飲料などによって、胃酸の分泌が乱れます。そうなると消化酵素を分泌するすい臓の働きも低下し、消化不良が起こりやすくなります。また、早食いをすると、食べ物が噛み砕かれないまま胃に運ばれ、消化に時間がかかり、化不良が起こりやすくなります。

  • 消化不良の原因2 ストレス

ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、胃腸の機能が低下して消化不良が起こります。さらに、体力が落ちているときは免疫力も低下しますから、細菌やウイルスに感染しやすくなり、病気のもとになってしまうのです。

  • 消化不良の原因3 胃腸虚弱

やせ型で腹筋の少ない人は要注意。胃が垂れ下がり、胃のぜん動運動が低下する胃腸虚弱が消化不良を引き起こします。栄養分などが排便として出てしまう「吸収不良症候群」もまた、消化不良を起こします。

 

消化不良の対処法

消化不良が起こったら、無理をしないことが大事です。休んで疲れをとりましょう。食事は、脂っこい食べ物や刺激のある食べ物は控えなくてはいけません。

野菜、白身の魚、豆腐など消化の良い食品を食べるといいでしょう。

バターなど脂肪の多い食品や、繊維の豊富な野菜など胃腸に刺激を与える食べ物もやめておくべきです。また、脱水症状にならないように水分を十分に摂ってください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。