乾燥した時期は水分補給をお忘れなく

人間の体の約60%は水分です。どんな季節も水分補給は欠かせません。

寒くなってきてからというもの、風邪を引いている人をよく見かけますよね。風邪対策の基本であるうがい、手洗いに加えて「水分補給」も大事な予防策です。

風邪やインフルエンザの原因となるウイルスは、空気が乾燥した状態で活発に活動します。反対に湿度50%以上になると活動が弱くなるんです。

水分補給は喉や鼻の粘膜をうるおしてウイルスの侵入を防ぐと同時に、侵入したウイルスを痰や鼻水によって体外に排出するのを手伝ってくれます。

風邪をひいてしまったら発熱や食欲低下、下痢、嘔吐などの症状により体からの水分排出が多くなりますので、普段以上に意識して、水分を補給するようにしましょう。

思わぬ病気にも水分補給で対策

冬場には脳卒中や心筋梗塞の発症が増えるというデータがあります。

寒くなって血圧が上昇することも一因ではありますが、寒いからと水を飲まずにすごし、水分補給ができていないというのも関わっています。

汗をかかなくなり、のどの乾きを自覚しにくくなるのが特にポイントですね。誰もが水分摂取が少なくなります。水分摂取が少ないと、血液の粘度が上がり、ドロドロ血液によって血管が詰まりやすくなります。

最悪の場合ですが、脳卒中や心筋梗塞を引き起こすのです。

思わぬ病気にかからないためにも、冬場も水分補給をしておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。