健康ネタ

体に優しい入浴

寒い季節は、夜のお風呂がありがたいですよね。熱いお風呂に入るのが好きな人は多いですが、実はそれって、体に負担をかけているもの。ここでは、負担をかけない入浴方法についてお伝えします。

お風呂の温度に注意

入浴は、血行を良くしストレスを解消する効果もあります。熱い風呂に入ると、気持ちが一気にリフレッシュするという人も多いです。でも、入浴方法には気を付けておいてください。まずお伝えしたいのは、脱衣所と浴室に寒暖差を作らないということ。体が冷えたまま、熱めのお湯に一番風呂で入るのが好き、という習慣がある人は、かなり心臓に無理を強いている状態と言えます。

体が温まっていない状態で熱いお湯のお風呂に入ると、どうなるのでしょうか。まず、皮膚への刺激によって血圧が急上昇します。

お湯の温度に慣れてくると血圧は徐々に下がります。しかし、血圧が下がる事で体は温まっているのに、血圧だけがグーンと下がり過ぎて、頭がクラクラする……。つまり、のぼせることになります。

理想をいえば、脱衣所にもエアコンや小さいストーブなどを置いて、暖かくしておきたいものです。

理想のお風呂の環境

お湯の温度は41度以下、つかる時間は20分以内、一番風呂はさける、という入浴方法です。半身浴をする場合はさらに温度を下げます。これで心臓への負担を減らすことができるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  2. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  3. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?

関連記事

  1. 健康ネタ

    睡眠で酵素を活性化

    よく眠った翌朝は、頭も体もすっきりして、たくさん動けますよね。…

  2. 健康ネタ

    ダイエットしたいならまず睡眠時間をチェック

    「ダイエットを成功させたい!」…

  3. 健康ネタ

    良い睡眠のための準備

    良い睡眠は健康に欠かせないものです。「あ~…

  4. 健康ネタ

    腸内細菌は超重要!!3

    腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、中間菌(日和見菌)の3種類があります。…

  5. 健康ネタ

    「すりおろす」と酵素がたっぷり

    生の野菜や果物を「すりおろす」ようにすると、効率よく酵素を摂取できるよ…

  6. 健康ネタ

    年齢とともに減少する酵素

    体内で作られる酵素の量は、実は年齢を重ねるに従って減少してしまうもので…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP