入浴で血液サラサラに

入浴は心も体もリラックスできます。上手に入浴すれば、軽いスポーツなどを行うのと同じように、血液をサラサラにするのに効果があります。

今回は、入浴で血液サラサラにする方法についてお話をしましょう。

熱いお風呂が好き! という方も多いと思いますが、実は入浴は、熱すぎる湯温ではかえって血流に良くない影響を及ぼします。

お湯の温度ですが、体にいいのは38℃~40℃程度のぬるめのお湯とされています。42℃以上の熱いお湯ですと、逆にドロドロ血液になってしまうのです。

なぜなら、熱いお湯は、発汗や血小板の活性化で、血液の粘度が増す効果を持ちます。

また、温度変化で血圧が上昇し血管の収縮も起きるので、 できるだけ避けた方がよいでしょう。

一番いいお風呂の入り方は、38℃~40℃程度のぬるめのお湯に、20分程度入ることです。 首までつかると、水圧で心臓に負担がかかってしまうというデメリットが。したがって、お湯につかるのは胸より下にしておきましょう。

お風呂に入ると、体が温まる温熱作用で体中の血管が広がり、その結果として、血流が良くなります。 また、水圧によって血液が押し戻され、心臓の動きが活発になります。

血流が良くなると、血が老廃物や疲労物質を流してくれます。そうなると体の疲れや、肩や腰などのコリが改善されるのです。

シャワーで済まさずに、できるだけ入浴をしたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。