健康ネタ

内臓を休ませる効果

私たちの内臓は、私が眠っているあいだも、休みなく働いています。食べたものの消化と吸収、代謝という働きをしてくれているのです。

いつも食べていると、内臓は働くことをしすぎて、過労を起こしてしまい、病気になってしまいます。

お酒に関しては、「休肝日」ということが言われたりしますが、食事もそれと同じで、胃腸を休ませるということが大切になるでしょう。

夜の食事は内臓を疲れさせる

しばらく食事を摂らず、内臓を休めてあげると、内臓は修復をし始めます。その時間が普通は夜なのですが、私たちは夜も食事をします。健康のためには、夜には胃腸に物を入れないということが大切になります。

特に、油もの、肉などの脂は胃腸に負担がかかるので、消化まで時間がかかります。理想としては、寝る前3時間には食事をしない方がいいのです。

また、食べるときには、噛むことが大切です。唾液で消化し、その後、胃腸でさらに消化ができるようになります。胃腸のためには、消化のいいもの、でんぷん質を取るようにしてみましょう。

また、胃腸は噛むことも大切ですが、鮮度の高い野菜を食べることでやはり強化できます。火を通していない、つまりローフードを意識的に摂り、内臓を休ませるという意識は持ち続けるようにしたいですね。

ピックアップ記事

  1. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  2. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  3. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!

関連記事

  1. 健康ネタ

    熱中症予防に、手作り補水液。

    全国的に猛暑が続き、厳しい夏となっていますね。ここ八ヶ岳南麓も例年にな…

  2. 健康ネタ

    野菜以外からでも酵素を摂取

    酵素と言えば生野菜、そして生ジュースというのが一般…

  3. 健康ネタ

    どうしても夜食を食べたくなったら

    夜に食べると太るというのは常識ですよね。腸内が休めず、不規則な生活に陥…

  4. 健康ネタ

    疲れにくくするためのコツ

    どうも仕事の疲れが取れない……。たくさん寝ているのに疲れている、という…

  5. 健康ネタ

    足湯の効果

    9月は寒暖の差がある、風邪の引きやすい時期です。暑い時期を乗り越えて、…

  6. 健康ネタ

    2014年のご挨拶【米倉】

    【あけましておめでとうございます!】管理栄養士の米倉かなです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP