健康ネタ

内臓を休ませる効果

私たちの内臓は、私が眠っているあいだも、休みなく働いています。食べたものの消化と吸収、代謝という働きをしてくれているのです。

いつも食べていると、内臓は働くことをしすぎて、過労を起こしてしまい、病気になってしまいます。

お酒に関しては、「休肝日」ということが言われたりしますが、食事もそれと同じで、胃腸を休ませるということが大切になるでしょう。

夜の食事は内臓を疲れさせる

しばらく食事を摂らず、内臓を休めてあげると、内臓は修復をし始めます。その時間が普通は夜なのですが、私たちは夜も食事をします。健康のためには、夜には胃腸に物を入れないということが大切になります。

特に、油もの、肉などの脂は胃腸に負担がかかるので、消化まで時間がかかります。理想としては、寝る前3時間には食事をしない方がいいのです。

また、食べるときには、噛むことが大切です。唾液で消化し、その後、胃腸でさらに消化ができるようになります。胃腸のためには、消化のいいもの、でんぷん質を取るようにしてみましょう。

また、胃腸は噛むことも大切ですが、鮮度の高い野菜を食べることでやはり強化できます。火を通していない、つまりローフードを意識的に摂り、内臓を休ませるという意識は持ち続けるようにしたいですね。

ピックアップ記事

  1. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  2. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  3. デトックスで 腸内環境を整えよう!

関連記事

  1. 健康ネタ

    生姜で風邪予防

    9月の終わりから10月にかけて、寒暖の変化が激しい毎日がやってきます。…

  2. 健康ネタ

    味噌汁のありがたみ

    いつも私たち日本人の食卓にある味噌汁。「ソウルフー…

  3. 健康ネタ

    腸内細菌は超重要!!8-2

    腸内腐敗による「腸脳」の休眠と精神力の低下前回書いたように、小腸壁…

  4. 健康ネタ

    腸内細菌は超重要!!5

    現代人の腸内細菌は、戦前までの日本人と比べて半減し、しかも悪玉菌優位な…

  5. 健康ネタ

    寒い時期にはホットスムージー

    酵素を摂るために人気のスムージー。冷たいドリンクは、冬は飲みにくいです…

  6. ファスティング

    悲しみを乗り越えて

    3日間ファスティングの2日目、非常に顔色が悪く、頭痛と吐き気がするとの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP