冬の入浴はヒートショックに気を付けて

寒いところから熱いお風呂へ……。温泉などでよくある冬の醍醐味ではありますが、実はとっても危険な行為ってご存知ですか?

脱衣所や浴室、そして入浴の際の熱い湯との激しい温度差が心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などによる突然死を引き起こす原因となります。

外と浴室との温度差が10℃以上になることは、冬ならよくあること。こういった差の激しい温度環境下で入浴する場合、血圧の急激な上昇や下降が引き起こされます。これを、「ヒートショック」といいます。

血圧が上昇した場合は脳出血や脳梗塞、心筋梗塞の恐れが。逆に、急激に血圧が低下した場合は脳貧血を引き起こし浴槽でめまい起こり、転倒事故が起こります。

ヒートショックの影響を受けやすいのは高齢者、高血圧や糖尿病の人などです。

冬場の入浴時の事故を未然に防ぐためには、居間と脱衣所と浴室の温度差をできるだけ小さくしておくこと。また、半身浴でじんわり体を温めるのがいいようです。

いきなり肩まで湯船に沈めずに、足からゆっくりと入り、徐々に肩まで沈めていきましょう。

また、入浴時間はあまり長くせず、湯船から出る際は、急に立ち上がらずにゆっくりと立ち上がりましょう。

飲酒後の入浴は避けるのと、入浴の前後にはコップ1杯程度の水分を補給するのもいいですね。

基本的に冬の入浴は、危険であることを忘れてはなりません。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。