冷えを予防して健康に

寒い季節になると、急に腹痛に見舞われることがあります。冷えてしまったために、痛みが起こったのでしょう。こんなときは手のひらをへそに当てて温めてみてください。

嘘かと思うくらい、すぐに痛みが和らぐ場合があります。「手当て」という治療方法です。

体温を大切にすることは、健康で生活するための重要なポイントになります。特に、腸内が発信する痛みに敏感になることで、自分の体調についていろいろ知ることができます。

冷えを予防する基本は入浴

入浴の基本は、いつも胸から下だけをお湯につけるようにするということ。そして体温より少し高い程度の、37~38度のお湯に20~30分ゆっくりと入ってみてください。

そうすると体の芯から温まってきて、汗が出てきます。熱いお風呂に入らないと風邪をひくと思っている人がいますが、やや間違っています。ぬるめの気持ちのいい温度こそ、芯から温めることになるのです。

小さな子供をお風呂に入れるときも、良く温まれということで、ついお風呂に首までつけて、100まで数えさせるという人がいます。これは表面だけ熱くして体の芯は冷やしてしまっているので、実はあまり良くないのですね。正しい入浴方法で、冷えを予防しましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。