口内炎の予防と対策

ストレスや風邪、睡眠不足などと一緒に訪れる口内炎。食事などで痛くてイライラ……ということも多いですよね。

口内炎には正確に「これ」という原因はありません。体の抵抗力が弱っているために起こるものであるのは間違いありませんので、疲れやストレスがたまっていたり、睡眠不足が続いて弱っているとき、風邪などで体調を崩しているとき、栄養バランスが崩れているときなどには要注意です。

口内炎の予防法

口内炎を予防するためには、まず、口の中を清潔にすることが大事です。歯磨きは忘れないようにしましょう。

また、口呼吸をしている方は要注意。乾燥した空気や、空気中の細菌が直接体内に取り込まれてしまいます。口の中を乾燥させないように、できるだけ鼻呼吸を意識してください。

噛む回数を増やすと、唾液の分泌量が増えます。唾液には粘膜を守ったり、修復したりする作用があるので、しっかり噛むことを忘れないようにしましょう。

そしてやはり、疲れやストレスを溜め込まないことが大事ですね。ストレスが溜まっている人は口内炎の発症率が高いというデータがあります。疲れたときはゆっくりと休み、睡眠をしっかり取るようにしましょう。

気分転換に遊んでみたり、ストレスから解放されるような時間を持ちましょう。

これは口内炎の予防だけでなく、他の健康面にもいい影響を与えるはずです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。