健康ネタ

夏でも半身浴で健康促進

「夏は暑いからシャワーで……」と、浴槽に入らず、シャワーだけで済ます人は多いと思います。確かに、蒸し暑い夜にお風呂を沸かすのも大変と思ってしまいますよね。でも、健康のためにはやはり湯船につかって疲れを取るほうがいいのです。

夏場の入浴について、コツをお伝えしましょう。「少しぬるくて気持ちいい」と感じるくらいが最適です。日本人は昔から高温のお風呂を好みますが、お湯の温度が高すぎると交感神経が刺激され、血圧が急速に上昇するので、体に負担がかかってしまうのです。そうなると、体は興奮状態に陥ってしまうので、入浴後に眠りにくくなります。

理想的なお湯の温度は39度前後。特に夏は、この温度のお湯を浴槽の半分くらいの高さまでためて、下半身だけお湯につかりましょう。

また、汗をかきすぎてバテてしまわないように、窓を開けるか、換気扇を回すなどして十分な換気をしてください。

10分程度の休憩を挟んで何度か繰り返すことで、夏でものぼせることなくゆっくりと入浴することができます。

入浴と健康の結びつきはとても大きなものがあります。さっぱりと汗を流すだけでなく、体のためを考えて、夏でも半身浴を取り入れてみてください。

ピックアップ記事

  1. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  2. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  3. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!

関連記事

  1. 健康ネタ

    冬のみかんで疲労回復

    冬に嬉しい定番フルーツといえば、こたつで楽しむみかんですね。テレビを見…

  2. 健康ネタ

    夏でも冷え性? 体を温めるコツ

    エアコンの効いている部屋の中で、真夏でもカーディガ…

  3. ファスティング

    腸の汚れが病気の出発点!?

    イギリスの外科医アーバスノット・レイン博士は、長い歳月を費やして腸の様…

  4. 健康ネタ

    ごぼう茶の効能

    今、高齢者や女性の間でごぼう茶が流行っています。ごぼうには豊富…

  5. 健康ネタ

    酵素を減らしてしまう習慣

    現代人が好む、肉、魚類中心の食生活は体にとってとても負担が大きいもので…

  6. 健康ネタ

    生活習慣病の90%は活性酸素が原因

    酵素の働きを阻害し、浪費するのはストレスや喫煙、お酒の飲み過ぎ、睡眠不…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP