健康ネタ

夏風邪にかからないために

暑い夏! 元気いっぱいに遊びに出かけたいですよね。テレビでは連日、行楽地でレジャーを楽しむ方の映像や、渋滞情報などが流れています。

でも、そんな中でも気を付けたいのが、思わぬタイミングでやってくる体調不良。忙しくしていたら、夏風邪を引いてしまった……とならないように、今のうちから予防に励みたいもの。

夏風邪の症状は、風邪の症状(のどの痛み、咳、発熱、頭痛、鼻水、関節の痛みなど)と、下痢・腹痛などの胃腸のトラブルがあります。夏風邪の前兆として、のどの違和感、痛みがあり、そこから「夏なのに寒い」という「寒気」、「全身のだるさ」。風邪の原因になるウイルスの中で、夏の暑さと湿気を好むウイルスが出てくる、それが夏風邪です。

夏風邪になりやすい理由

エアコンで室内と室外の気温差や湿度差があると、自律神経が乱れてしまい、うまく体温調節ができなくなる場合があります。こうなると免疫力が低下して、ウイルスに抵抗ができず、夏風邪になりやすくなるのですね。

風邪は汗をかいて治しますが、夏の場合はまさかの脱水症状の可能性もありますので、安易にそうしてはいけません。マメな水分補給は必須であり、「ポカリスウェット」などのスポーツドリンクなど塩分を含むものが効果的です。

夏風邪の予防

夏風邪の予防には、やはり外出先から帰ってきたらすぐ手洗いとうがいをすること。また、夏風邪ウイルスは湿気が高い環境で繁殖しやすいので、ジメジメした部屋は適度にエアコンの「除湿」をかけるなどして、湿気を取り除くことが大切です。

暑いからといって、油断をしていると「ハクション!」なんてことに……。そうならないうちに、予防を忘れないようにしたいですね。

 

ピックアップ記事

  1. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  2. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  3. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!

関連記事

  1. 健康ネタ

    熱中症予防に、手作り補水液。

    全国的に猛暑が続き、厳しい夏となっていますね。ここ八ヶ岳南麓も例年にな…

  2. 健康ネタ

    腸内細菌と健康

    私たちの腸内には、細菌がおよそ100種類、100兆個も生息しています。…

  3. 健康ネタ

    早食いの危険

    「早食いの人は太りやすい」とよくいわれます。満腹信号が脳に届くのには時…

  4. 健康ネタ

    高温多湿な時季は 食材の保管方法に要注意!

    体調管理でもっとも大切なのは、なんといっても日頃から正しい食事を摂るこ…

  5. 健康ネタ

    夏でも冷え性? 体を温めるコツ

    エアコンの効いている部屋の中で、真夏でもカーディガ…

  6. ファスティング

    冬の乾燥肌対策にも酵素

    お肌のケアに関しては、乾燥しがちな冬は他の季節とは違う特別なケアをして…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP