健康ネタ

強い味方の納豆菌

私たちの腸内には、実に100兆という数の微生物がいます。ご存知でしたか?

この腸内の有益微生物が働き、健康を維持できているのですが、普段の食事の添加物などの食事で、これを減らしています。

有益微生物を元気にするのが、日本で健康に良いと言われてきた納豆です。

納豆キナーゼは私たちの身近な善玉菌であり、乳酸菌と同じように、体内に入れば、腸管内のタンパク質の腐敗を止めてくれます。また、脂肪の分解に大きな役割を果たすほか、ビタミンなど、必要な成分を作って、供給してくれるのです。

納豆菌は、有害大腸菌を減らし、体に必要な腸内細菌を増やします。

納豆はかつての軍隊でコレラやチフスの予防に用いられるなど、戦前は抗菌食品として利用されていました。

血栓予防食品としての働き

納豆菌は血栓予防食品として注目を集めています。

血栓性疾患は、日本人に多い脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞、狭心症と大きなかかわりがあるとされています。

血液の流れが悪くなり、細胞が弱くなるものではアルツハイマー、糖尿病なども関係があるとのこと。さらには多くの日本人が苦しむもあり、血栓症とも言えるものです。

毛細血管がつまる慢性的な疾患をいれると日本入の病気は、かなりの割合で血栓性疾患ということになります。納豆菌は血栓予防食品として、積極的に摂りたいものなのです。

ピックアップ記事

  1. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  2. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  3. デトックスで 腸内環境を整えよう!

関連記事

  1. 健康ネタ

    酵素のムダ遣い!

    スーパーやコンビニ、ファミリーレストランなど私たちの周りには、手軽に美…

  2. 健康ネタ

    酵素ダイエットの注意点

    酵素ドリンクや酵素ジュースを使っての置き換えダイエットや、断食は、ダイ…

  3. 健康ネタ

    こたつでみかんの健康法

    皮をむくのが面倒だということで、カットされたフルーツが人気のようです。…

  4. 健康ネタ

    酵素と温度の関係

    酵素を食べ物で摂取し、ヘルシーな身体を維持する場合は、温度に注意です。…

  5. 健康ネタ

    味噌汁から上手に酵素を摂る

    酵素がたっぷり入っている身近な食品、それが、私たちが古来から、食卓にお…

  6. 健康ネタ

    意外に辛い「秋バテ」

    10月から11月にかけて、天候が変わりやすいこの頃には、体調を崩しやす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP