日本の発酵食品、腸内細菌とアレルギーについて

日本では伝統食でもある「発酵食品」という気候にあった食事を昔から作ってきました。
味噌・醤油・みりん・清酒・酢・漬け物・納豆、今話題の麹など、主原料は米や大豆、小麦などで発酵させています。

発酵食品は腸内細菌を増やし、腸の免疫が強くなり、病原菌に対する抵抗力を生み出します。
「よい微生物のいる土では植物がすくすく成長するように、よい腸内細菌が体の中にいる動物は、病気になりにくく健康で過ごすことができる」といわれております。

特定のものを食べて起こるアレルギーは、食物に含まれる特定のものを体外に排出しようとして起こる生体防衛反応です。

これは生命を守るために大切な仕組みですが、生きるために必要な栄養素にまで過剰なアレルギー反応を起こすことがあります。とくに子どもは腸の免疫機構が未熟なため、アレルギーを起こしやすいようです。

しかし、腸内免疫機構が正常に発達・機能するようになれば食品に対するアレルギーは寛容されていきます。
発酵食は酵素や乳酸菌など栄養・微生物もたくさん含まれており、それらを摂ることで腸内免疫が成熟化することがわかってきました。

「アレルギーの予防や治療には、発酵させた味噌や醤油などを食べ、腸内環境を整える」ことが必要だといえます。

発酵食といっても気候や風土、素材が変われば発酵させる微生物も変わります。その土地で暮らす人は、その土地に存在する微生物がつくり出す物質には耐性がありますが、よその土地の微生物がつくり出す物質に対しては耐性がなく、病気を起こすことがあります。

また、日本人の体には牛乳などの乳製品を分解する酵素があまりなく、消化しづらいということがありますが、これもアレルギーの原因となったりするのです。

健康のために食べるなら、「生まれ育った土地、住んでいる土地でつくられた発酵食をとる」のが一番です。
発酵食で腸内を元気に、すこやかにして過ごせば病気知らず!ですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。