健康ネタ

早食いの危険

「早食いの人は太りやすい」とよくいわれます。満腹信号が脳に届くのには時間が掛かるために食べすぎてしまうというのがその根拠なのですが、それ以上に恐ろしいデメリットもあるのです。

食事のとり方について重要なことがあります。それは「よく噛んで、ゆっくり食べる」ということです

早食いすると、それだけ血糖値も急激に上昇します。すると、血糖値を抑えるためにインスリンが分泌されます。摂取した糖を脂肪に変えることによって、血糖値を戻しているのです。つまり、単に食べ過ぎてしまうというだけではなく、「早食い」という行為自体が肥満につながるのです。

糖尿病の治療においても「よく噛んで、ゆっくり食べる」ということがいわれます。

早食いを避けるコツ

早食いをしないためには、とにかく「よく噛むこと」。咀嚼回数は、ひと口につき30~50回程度と考えるのがいいでしょう。時間がとれなければ、ゆっくり食事ができ、かつ、カロリーオーバーになりがちな夕食時だけでも実践してみましょう。

早食いの人は特に、食べものを口に入ると反射的に飲みこんでしまうので、まずはのどを閉める練習から始めてみるといいかもしれません。すぐに飲み込まず、食べ物を舌先のほうに置くようにして、じっくり咀嚼するのです。

早食いは習慣になっている場合がほとんどです。健康のために、ぜひゆっくり噛んで食べることを実践してみてくださいね。

ピックアップ記事

  1. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  2. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  3. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?

関連記事

  1. 健康ネタ

    ヒドかった食生活の話

    二十代の頃、都内でひとり暮らしをしていた頃の食生活の話です。昔は炭酸ジ…

  2. 健康ネタ

    フルーツの賢い食べ方

    「朝のフルーツは金、昼は銀、夜は銅」といわれます。そしてフルーツには、…

  3. 健康ネタ

    寒い時期にはホットスムージー

    酵素を摂るために人気のスムージー。冷たいドリンクは、冬は飲みにくいです…

  4. 健康ネタ

    酸化した食品の毒性

    「酸化」という言葉をご存知ですか?リンゴの皮をむいて放置してお…

  5. 健康ネタ

    上手な夏の水分摂取

    猛暑では水分摂取が大切です。汗をかいたあとの冷たい…

  6. 健康ネタ

    寒い季節にノドを守る習慣

    寒くなるとノドがいたくなる、セキが止まらない…。セキが続くと、本当に辛…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP