ダイエット方法

正月太りをふせぐために

お正月、いろんな料理に舌鼓を打って、つい飲み過ぎてしまった、食べ過ぎてしまったという方も多いと思います。

さらにこたつで一日中テレビを見ながらごろごろ。気になるのは運動不足と肥満ですよね。

太りすぎを防ぐなら運動は欠かせません。部屋や庭の掃除など、日常の動作を増やし、移動中はきびきびと動くよう心がけましょう。

また、おせち料理でも、好きなものだけ食べるのではなく、バランスよく食べるようにしましょう。

寒い時期はやはり鍋料理ですがぜひ、野菜をたくさん入れるようにするといいですね。酵素を摂取するのはもちろん、野菜の水分で「おなかいっぱい!」という感覚も得られます。

お休みの時にやってしまいがちな、「いつまでも食べ続ける」という習慣もやめたほうがいいでしょう。休むことのできない消化器官は疲れ切ってしまいます。

友達から誘われたからつい食べてしまう、縁起物だから全部食べよう……などと思っていると、なんでもかんでも食べなくてはいけなくなってしまいますよね。食べる量を考えて、カロリー摂取を控えておくほうがいいのです。

正月太りという言葉は、食べ過ぎ(カロリー過多)と運動不足が原因です。新しい年を健康で過ごすためにも、自己管理は徹底したいですね。

ピックアップ記事

  1. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  2. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  3. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?

関連記事

  1. 健康ネタ

    よく寝るから酵素が働く

    午後8時~午前4時までは「代謝の時間」とされています。代謝によって、臓…

  2. 健康ネタ

    酵素のムダ遣い!

    スーパーやコンビニ、ファミリーレストランなど私たちの周りには、手軽に美…

  3. 健康ネタ

    朝食は食べるべき?

    「朝食抜き」をすることでダイエットしようとする人は…

  4. 健康ネタ

    風邪薬よりも酵素で健康に

    睡眠を摂っているのに、朝起きても疲れが取れていない、風邪が長引く、頭痛…

  5. 健康ネタ

    上手な夏の水分摂取

    猛暑では水分摂取が大切です。汗をかいたあとの冷たい…

  6. ファスティング

    「食べる」を考える

    私たちは日頃どれだけ食べる事に、時間やお金を費やしているでしょうか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP