熱中症予防に、手作り補水液。

全国的に猛暑が続き、厳しい夏となっていますね。ここ八ヶ岳南麓も例年にない35℃を超える厳しい暑さが続いています。各地で熱中症で救急搬送される方も増加していると報道されていますが、私が勤めている山の診療所でも熱中症の患者様が増えていて、昨年にはなかった現象がおきています。

暑さで体にこもった熱を逃がそうと、血管が広がることで、全身の血液量が減り、血圧が下がって脳への血流量が減るために立ちくらみやめまいなどの症状が起こったり、だるさ、吐き気、頭痛などの症状も熱中症の前兆として注意が必要です。このような症状がみられたら、涼しい場所へ移動して体を冷やすことと、効率よく水分補給することがポイントです!

水分補給のポイント!
こまめに水分補給をすることが大切ですが、高温多湿の屋内外で汗を大量にかくと、体内の水分だけではなく塩分をはじめとするミネラルも一緒に奪われます。この状態で水分だけを補給すると血液内の塩分、ミネラル濃度が低くなりかえって症状がひどくなる場合があります。ですから、水分だけでなくミネラルの補給もとても大切です。

市販のスポーツドリンクや、経口補水液などもありますが、これらのほとんどが、人工甘味料と大量の添加物でできている事をご存知ですか?今の時期、大量に常飲する可能性の補水液を、体のために手作りしてみませんか?

作り方
良質な水    300ml
酵素八十八選 50〜75ml
ミネフル70 20〜30ml
*1日数回に分けてお飲みください。

私は、朝食にこの補水液に豆乳を加えて飲んでいます。
一度お試しください!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。