生姜で風邪予防

9月の終わりから10月にかけて、寒暖の変化が激しい毎日がやってきます。

体を温めて、できるだけ風邪を引かないように工夫をしておきたいですね。体をポカポカさせるためにオススメなのが、生姜です。生姜の効能には、体の中を活性化させるものが多くあります。

生姜には、新陳代謝を高める、発汗作用、解毒作用、殺菌作用などがあり、効能だけを見ると市販されている総合的な風邪薬のようですね。 生姜は古くから漢方薬として利用されてきました。主成分であるジンゲロールは、新陳代謝を高めるとともに殺菌作用もあるため、薬として扱われるのです。

体調が悪いなと思ってから摂取するというのもいいですが、毎日摂取する習慣を身につけることによって、風邪をひきにくくなります。

効果的な民間療法 生姜風呂

寒い夜には生姜風呂をお試しあれ。すりおろしたショウガを袋に入れてお風呂に浮かべるだけで、すぐにできるものです。

生姜風呂に入った後の全身はポッカポカ。普通のお風呂に比べて長時間体が温まっているのです。

もちろん体に生姜がつくことになるので、皮膚が弱い方は控えたほうがいいかもしれません。また、お風呂から出る時は、シャワーなどで生姜のにおいを流しておきましょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。