健康ネタ

疲れにくくするためのコツ

どうも仕事の疲れが取れない……。たくさん寝ているのに疲れている、という方は、「温度差」に気を付けてみてください。

温かい部屋、そして寒い屋外をいったりきたりしていると、「自律神経」が酷使されます。体調不良や疲労はこれ機能低下が根本的な要因です。

冬と夏は室内と室外の気温差が激しいため、体温維持のために自律神経が活発に働きますが、こうなると自律神経が過労状態になり、必要なときにうまく機能せず、疲れが残るのですね。

エアコンの使用頻度が低い時期は、日常生活の中で気温差が生じることがないため、疲れにくい傾向もあります。

また、冬は暖かい室内から外気温の低い外に出ると末梢の血管が収縮し、血圧が上昇します。通常ならば上がり過ぎないように操作されるのですが、疲れていて自律神経の働きが鈍っていると、身体に大きな負担を掛けてしまいます。

何よりも大事な疲労対策は、自律神経を使わず、睡眠を摂ること。寒い時期は、気温の低い所と高い所の行き来を少なくしてみましょう。

いつも部屋の中でエアコンをガンガンに利かせているという場合は、ちょっとだけ温度を下げてみるといいですね。体調が安定し、電気代も安くなりますから一石二鳥です!

ピックアップ記事

  1. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  2. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  3. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!

関連記事

  1. ファスティング

    断食ダイエットとリバウンド

    酵素ダイエットをすると効果はてきめんです。酵素を摂り入れることは、効率…

  2. 健康ネタ

    意外? 爪もみで健康促進

    爪の生えぎわは、あまり知られていませんが、神経繊維が密集する部分です。…

  3. 健康ネタ

    便利なカット野菜はNG?

    野菜は、食べ方によって摂れる栄養素が大きく変わるって知ってましたか?…

  4. 健康ネタ

    内臓を休ませる効果

    私たちの内臓は、私が眠っているあいだも、休みなく働いています。食べたも…

  5. 健康ネタ

    腸内細菌は超重要!!6

    腸内腐敗がもたらした現代病腸内腐敗が進行し、増殖し…

  6. ダイエット方法

    やせやすい時間帯

    ダイエットのために、ランニングや水泳を頑張る方は多いですね。同じ運動を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP