ダイエット方法

肉を食べても太らない?

「ステーキ、焼肉なんて食べたら太っちゃう!」というのは、ダイエット中の人なら常識のようになっているものですよね。

でも、これはよくある健康トピックの誤解の1つです。肥満のメカニズムはシンプルで、摂取カロリーが消費カロリーよりも多いと、余分なカロリーが体内に蓄積され、皮下脂肪や内臓脂肪として蓄えられます。食べた分よりも多くのカロリーを消費すれば、決して肥満になることはないのです。つまり、肉でもカロリーを考えて食べれば、太る原因にはなりません。

また、「筋肉がなければ脂肪は燃焼しない」ということも忘れてはいけません。運動をすると、まず筋肉中のグリコーゲンが分解され、体内に蓄積された皮下脂肪や内臓脂肪が燃やされてエネルギーとなります。つまり、筋肉とは「脂肪燃焼するために必要なもの」であり、筋肉が十分にないと脂肪を燃やすことができません。

つまり、「痩せたい!」と思っても、肉を控えるのは誤った認識です。痩せたい人こそ肉をきちんと食べて適度な運動をし、筋肉をつけることがポイントとなるのですね。

ちなみに、肉に含まれるカルニチンには、脂肪燃焼作用があることが知られています。

脂肪は細胞内のミトコンドリアで燃やされてエネルギーに変わりますが、単独でミトコンドリアに入ることができません。脂肪はカルニチンと結合することで初めて、ミトコンドリア内に入ることができ、燃やされてエネルギーとなります。

カルニチンは加齢とともに体内で合成される量が減るため、肉を食べて補うべきなのです。

ダイエット中だからこそ、肉を適切な量だけ食べて、筋肉を作りましょう。

ピックアップ記事

  1. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?
  2. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  3. デトックスで 腸内環境を整えよう!

関連記事

  1. ダイエット方法

    健康の常識を鵜呑みにしない

    「毎日ヨーグルトを」食べる習慣は、NGとされています。乳製品を…

  2. ファスティング

    冬の乾燥肌対策にも酵素

    お肌のケアに関しては、乾燥しがちな冬は他の季節とは違う特別なケアをして…

  3. 健康ネタ

    栄養たっぷりのお雑煮

    あけましておめでとうございます。今年も酵素をはじめ、健康に関す…

  4. 健康ネタ

    入浴で血液サラサラに

    入浴は心も体もリラックスできます。上手に入浴すれば、軽いスポーツなどを…

  5. 健康ネタ

    酵素と睡眠不足の関係

    忙しい現代人の問題として、睡眠不足が挙げられます。…

  6. 健康ネタ

    腸内細菌と健康

    私たちの腸内には、細菌がおよそ100種類、100兆個も生息しています。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP