腸内細菌は超重要!!

私たちのからだの常在菌には、腸内細菌と皮膚常在菌の2種類があります。

では腸内細菌はどれぐらいいると思いますか?

腸内細菌は1000兆個で1000種類以上もあり、重さはなんと2kgにもなります。びっくりですよね!私はびっくりしました。笑)自分の体重のうちの2kgが菌だったとは。。。さらに嫌気性のため培養できない腸内細菌も含めると、さらに何倍もの数になるそうです。皮膚常在菌は1兆個です。そのほかにも口腔内には100億個の常在菌が存在し、鼻腔内や咽頭内(気管より奥には存在しない)にも存在しています。

このように常在菌は人体の隅々にまでくまなく存在し、人体を外敵からガードしたり、ミネラルやビタミン、アミノ酸などの栄養素を生み出してくれたりしています。私たちは、この常在菌が存在しなければ、生きていけないのです。

どうでしょうか。私たちはこの常在菌に生かされているのです。それなのに私たちは、この菌たちについて考えてことがあるでしょうか。この菌たちの状態が私たちの精神にまで影響してくるのです。

この、腸内細菌は超重要!!シリーズでは、常在菌について書いていこうと思います。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。