血圧は変動しやすい

生活習慣病の1つに、高血圧があります。健康診断で指摘される場合が多いようですが、あまり自覚症状がないので、高血圧の診断を受けて、薬を飲むように医師から勧められたけれど、「できれば飲みたくないな」「一生薬を飲み続けなければならないんでしょ」と言ったお声をよく聞きます。

現在、高血圧の診断は、日本高血圧学会が定めた「高血圧治療ガイドライン2014」に基づいています。

病院の診察室での高血圧の診断基準は、収縮期血圧(最高血圧)140mmHg以上、拡張期血圧(最低血圧)90 mmHg以上。診察で高血圧と評価された場合、自宅で家庭血圧を測定します。家庭血圧の診断基準は、収縮期135 mmHg以上、拡張期85 mmHg以上。起床後と就寝前に2回ずつ測定し、朝と夜それぞれの平均値を出し、家庭血圧の診断基準を超えていると高血圧と診断されます。

私が看護学生時代に習った高血圧の基準値からは、どんどん引き下げられているので、正直違和感を感じたりもしますが・・・。

血圧の数値は、病院で測定する場合と、ご家庭で測定する場合、また同じ条件で何度も続けて測定した場合、値がバラバラで「どれが本当なの?」というお声もよく聞きます。

答えは、どれもおそらく本当の値です。

そもそも、血圧はとても変動しやすいものなのです。

「病院で測定すると、いつも高いんだよな」と思っていると、1度目の測定は必ず高い値が出ます。何度か測定すると、徐々に下がってくる場合が多いですが、「病院で測ると血圧が高い」という思い込みが強いと、なかなか下がらない方もいらっしゃいます。

また、測定中におしゃべりをしていたり、「診察前の待ち時間が長い」とイライラしてしまうと、血圧が高くなってしまう場合が多いです。余談ですが、一般的に血圧測定中におしゃべりをすると高く出ることが多いのですが、おしゃべりをしてリラックスする人の場合は、逆に値が下がったという結果もあるようです。

その位、血圧の変動は、その方の意識状態と関係が深いようです。

これは、交感神経は血圧を上げる役割、そして副交感神経は血圧を下げる役割をするので、自律神経が大きく関係しています。

現代は、交感神経が優位になり過ぎる要因がたくさんあり、自律神経のバランスが崩れがちです。交感神経が働くことで、仕事をしたり様々な判断や行動をするので、交感神経はとても重要な役割があるのですが、現代人の生活は、1日の中でずっと交感神経が優位になり過ぎている事が問題です。せめて睡眠に入る前には、交感神経を刺激しないようにTVやパソコン、携帯電話などから離れてリラックスをする時間を持つことはとても大切です。

そして、1日を過ごす中で、イライラしたり不安になってハラハラドキドキしたりする時間を少なくして、多少のアクシデントがあっても動じない心のゆとりがあるといいですね。

イライラしたり、不安になる出来事が起こった時、少し客観的に自分の体の中を想像してみて下さい。

「今、血圧が上がってる!こんな感情を持ち続けていたら、自分の体にとってマイナスに働くだけだ」

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。