健康ネタ

身体にいい脂肪ってあるの?

毎日の生活の中で、油(脂肪)をとる機会って多いですよね。
みなさんはどんなものを選んでいますか??

「太るからあまりとっていないわ~」
「わたしは揚げ物大好きだから・・・」
「身体にいいといわれている油を使っているけど。」

それぞれのご家庭の嗜好もあると思いますが、
「どんな油をとったらいいの?」
というご質問がありましたので、お答えします。

脂肪にはいろいろな種類があり、バランスよくとることが大切です。
脂肪には「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」の2種類に分類されます。

「不飽和脂肪酸」は、ほとんどの植物油と青魚に含まれ、常温ではサラサラの液体です。
「飽和脂肪酸」は、動物の肉の脂身と一部の植物油で、常温や冷蔵庫のような低温化では個体、加熱すると液体になる油です。

さらに「不飽和脂肪酸」は「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」の3種類に分類されます。

001

「オメガ3」(αリノレン酸)は乳児や子供には特に重要な脂肪酸です。
なぜなら、神経機能に大事なEPAとDHAが含まれており、EPAは脳の機能に、DHAは脳の発達に影響を与えます。
オメガ3は主に背の青い魚類や亜麻仁油などから摂取できます。

「オメガ6」(リノール酸)はオメガ3と同様に細胞膜を構成する大切な脂肪酸ですが、日常で私達がよく使う油のほとんどがオメガ6です。とりすぎると炎症を引き起こしたり、ホルモンバランスが崩れて免疫の乱れや高血圧に関連することもあるので、過剰摂取に注意です。意識してとるなら「オメガ3」です。

どちらも体内では合成できない脂肪酸なので、「必須脂肪酸」と呼ばれています。この2つの理想的な比率はオメガ3:オメガ6=1:2と言われています。しかし、オメガ6は日常的に摂ることが多く、揚げ物やスナック菓子、洋菓子のクリームなどにも含まれています。
そのバランスを摂るために、オメガ6を減らして、オメガ3を食物やサプリメントから摂取するのがよいでしょう。

オメガ6に多く含まれているリノール酸は酸化しやすい、という問題点があります。酸化した油は身体に害を与えますので、避けたほうがよいでしょう。
加熱をするには他のものより酸化しづらいオメガ9のオリーブ油などを使うことをオススメします。

リノール酸の値が高いと、善玉コレステロールが減少することがわかっています。すべてのホルモンはコレステロールの分子からできており、質のいい脂肪は身体にとって必要なものです。

昔の人たちは、青魚・玄米・味噌汁などの食事をしていました。オメガ3は日常的にとっていたので、脂肪のバランスはとれていたのですが、近代になって食の欧米化が進み、肉を食べ、魚を食べなくなってきています。
必要なものは昔の人たちから教わることができると思います。
ぜひ、本来の日本食を見直すきっかけになれば嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. デトックスで 腸内環境を整えよう!
  2. 現代人の食生活に欠陥あり ミネラル不足に要注意!
  3. 出ないだけが問題じゃない 便秘は万病の元!?

関連記事

  1. 健康ネタ

    カロリーゼロなのになぜ?人口甘味料を定期的に摂ると6倍太る?

    近年の健康志向からカロリーゼロを売りにした商品が多数出ています。…

  2. 健康ネタ

    岩盤浴で健康&美肌効果

    全国に人口的な岩盤浴を体験できる施設が増え、注目を浴びています。テレビ…

  3. 健康ネタ

    カロリーゼロなのになぜ?人口甘味料を定期的に摂ると6倍太る?(その2)

    化学的な処理をしていると、普通の糖として吸収されずに、消化されるまでに…

  4. 健康ネタ

    酵素ダイエットの注意点

    酵素ドリンクや酵素ジュースを使っての置き換えダイエットや、断食は、ダイ…

  5. 健康ネタ

    食物繊維で腸をきれいに

    食物繊維は今、「第6の栄養素」と呼ばれています。人間には消化で…

  6. ダイエット方法

    食べる量を減らしても痩せない理由

    食事制限のみのダイエットでは痩せないというのが、ダイエット研究の世界で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

アーカイブ

PAGE TOP