風邪を引いた時の食事のNG

寒い時期は体調を崩しやすいものですよね。風邪を引いてしまった……という時に、避けておくべき食事についてお話をします。

まず、冷たいものを食べてはいけません。風邪を引いたら、熱で身体の免疫力がウイルスと戦っているので、体を冷やさないほうがいいのです。また、内臓の働きが弱っているところに、冷たいものを入れるとさらにお腹をくだします。

次に、刺激のあるものを避けましょう。タバスコやわさびなど、刺激が強いものは喉を傷めます。コーヒーや紅茶などの利尿作用が高いものは脱水症状を引き起こすので控えましょう。

また、脂っこいものもダメです。脂っこいものは、とても消化に力を使います。胃や腸も弱っているので、負担をかけないようにしてあげましょう。理想はおかゆです。梅干しや大根おろし、生姜などをおかゆに入れると味も楽しめます。

水分補給という観点からよく利用されがちなのがスポーツドリンクですが、実はこれは糖分の濃度が高く、そのまま摂取すると胃で停滞する時間が長くなり、体内での水分補給が遅くなるというデメリットがあります。

スポーツドリンクを飲む際は、水で薄めて飲みましょう。水分補給をする際は甘い飲み物より、白湯がオススメです。

そして何よりもダメなのがアルコール。特に、風邪薬を飲む場合は、薬の効きが悪くなる場合があります。

風邪を引いたら栄養のあるものを食べると良いといいますが、まずは胃腸を休めることが大切です。NGな食事は避けておいてくださいね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。