「すりおろす」と酵素がたっぷり

生の野菜や果物を「すりおろす」ようにすると、効率よく酵素を摂取できるようになります。たとえば、すぐに思い浮かぶのがダイコンおろし。また、リンゴのすりおろしのジュースなどです。

生野菜や果物に含まれる酵素を、「皮ごと」すりおろすこと。そうすると消化吸収が良くなるだけでなく、酵素を残さず摂ることが出来ます。すりおろすことによって、野菜や果物の細胞が壊され、酵素が細胞の外に出てくるのです。

これは余談ですが、焼き肉とおろしポン酢なんていうのも、やはり消化を良くするための意味のある組み合わせとされています。

ダイコンに限らず、皮などの普段捨ててしまう部分に、酵素やその他の栄養成分がたくさん含まれているケースは多いのです。

ニンジンやタマネギなども、コレステロールや中性脂肪を抑え、生活習慣病を防ぐ酵素が含まれています。これらもすり下ろして食べると、さらに効果的です。

すりおろすと、野菜や果物に含まれる食物酵素が活性化されて、体内での酵素の働きが2倍にも3倍にもなります。

機械のジューサーに長時間かけると、熱で酵素が壊れてしまいます。短時間にとどめるか、人力ですり下ろすのが良いでしょう。

ちなみに酵素は、すり下ろした後は空気に触れると酸化し、ビタミンや酵素が失われやすくなります。食べる直前にすりおろすようにしてください。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。