ソウルフードの和食には酵素がたくさん!

私たち日本人は、風土や気候に恵まれたこの国で、古くから様々な野菜を口にしています。

これまで魚や豆などのタンパク質も食べていましたが、料理の多くは野菜でした。野菜抜きの食事はない、それほど様々な野菜、つけもの等が食卓に並んでいました。

今、私たちが多く口にしているのは牛、豚、鶏のタンパク源です。どんなお肉でも食べることが出来る時代で、「野菜は嫌い」と感じる方も増えています。ファミリーレストランに出かけて、野菜だけ食べて出てくるという方はほとんどいないでしょう。それくらい、肉料理が日本人になじんでいるんですね。

胃もたれは正しい食事で治る

日本人の体質からすると、野菜の消化や吸収は容易です。でも、お肉などのタンパク質を多く摂ると、身体に負担がかかってしまいます。

焼肉を食べた後、胃もたれがある……というのは、そういった事が関係しています。

胃もたれ等の消化の問題を解消してくれるのが、「酵素」です。酵素は、加熱をしない食品に多く含まれています。ローフード、お味噌汁など。特に、古来から使われるつけものの「ぬか」は発酵していて、多種類の酵素を活性化させる菌があります。

胃もたれ等の症状で胃薬を手放せないという方は、酵素が多く含まれた生野菜や発酵食品を積極的に取ってみましょう。

そうすると胃に負担をかけず、消化作業をスムーズにできます。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。