タマネギの意外な効果

私たち日本人の食卓にいつも登場するタマネギ。どんな料理にも使えるまさに万能な野菜なのですが、実は意外な効果があります。

タマネギに含まれる硫化アリルという物質に、穏やかな眠りを誘発する効果があります。どこに含まれているのかというと、タマネギを切ったときに鼻につく匂い、あれが硫化アリルなのです。気持ちを落ち着かせる働きだけでなく、血行促進や疲労回復効果もあるとされ、知らないうちに私たちはその恩恵を受けています。

タマネギの良い効果を引き出すには

硫化アリルは水溶性で水に溶けやすく、さらに熱を加えると、状態が変化してしまいます。そのため、できるだけ効果を引き出すためにも、炒めものではなく、サラダなど生で食べるのがいいでしょう。苦味をとるために水におく場合もありますが、長くおかず、1分程度でよいでしょう。

また、効果を最大に引き出すために、枕元にタマネギを置くのもいいとされています。カットしたタマネギを容器に入れて枕元におけば、その匂いで睡眠効果があり、ぐっすり眠れるようになるようです。

タマネギはどのスーパーにも置いてあるものですから、不眠に悩んでいる方は、ぜひお試しください。特にサラダなどで食べるのは酵素を摂るためにも効果的で、ダイエットや風邪予防にもなります。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。