便利なカット野菜はNG?

野菜は、食べ方によって摂れる栄養素が大きく変わるって知ってましたか?

どう食べればたっぷり栄養素を摂れるのか、まとめてみました。

まず、大前提。「コンビニやスーパーで売られているカット野菜は、栄養価がかなり低いので、なるべく避けたほうがいい」。

野菜は栄養素が豊富。でも、サラダを毎日食べる方は注意してください。カットの仕方によって大きく栄養素は変わるのです。

カット野菜は細かく刻まれているので、栄養素が流出しやすく、ビタミンCやカリウムなど水溶性の栄養成分はかなり減ります。

コンビニやスーパーで売られているカット野菜は、殺菌されているので除去するのに水洗いしていて、栄養はあまり期待できません。

サラダを買ってくるくらいなら、自分でオニオンスライスなどを作ったほうが栄養価も高く、酵素もふんだんに摂れます。

同じ生野菜でも体への影響も差が出るのだから、カットの手間がかかってでも自分で行いたいですね。

興味深いデータがあります。韓国人は1人当たりの野菜の消費量が日本の2倍とのこと。1回の食事でいろんな野菜をバランスよく食べています。サラダだけ食べていれば安心というわけではないので、気を付けていきたいですね。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。