朝食にフルーツでらくらくダイエット

ダイエットをしている人や、またモデルや女優の間で“朝にフルーツを食べる”というのが一般化しています。

ヘルシーで美肌にも欠かせないフルーツですが、なぜ朝がいいのでしょうか? それは、人間の体内は、朝が掃除モードだから。生のフルーツに含まれる酵素の作用で体内の毒素が排出されるから、体の中からキレイになれるのです。

モデルや女優たちがとり入れているのは、フルーツをミックスジュースやスムージーにするやり方です。作り方はかんたんで、「生の緑の葉野菜+フルーツ+水」をミキサーにかけるだけ。

朝フルーツに用いるフルーツ

私たちが、「お腹が一杯」と感じるのは、カロリーの満足ではなく、胃袋の中の体積によるもの。つまり、カロリーが低くても体積の大きなものを食べれば、とりあえず満腹感を得られるのです。

食べ物の体積を増やし、胃袋を一杯にするために大切なのは水分です。水分なら、カロリーには全く影響なく、お腹をいっぱいにできます。

リンゴのように植物繊維の多いフルーツは、水分を吸収すると12~38倍もの体積に膨らむため、満腹感を得るためには最適です。

植物繊維の豊富なフルーツには、りんご、バナナ、パイナップル、いちじく、キウイ、イチゴなどがあります。

これらのフルーツを、水と一緒に食べるようにすれば、植物繊維が水分を吸収して、お腹も空かず、楽にダイエットを続けられるでしょう。

朝に、好きなフルーツを選んでスムージーに。快適なダイエットをぜひお試しください♪

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。