牛乳は太りやすい?

食物酵素を多く含んだ食事を摂ることで、消化と代謝の良い「やせ体質」を作れます。

酵素を含まない食事を摂りすぎないことは、体内酵素を減らさないための、とても大切なポイントといえますね。

私たちの食卓に良く並ぶ牛乳。実は、現代の日本の乳製品には酵素が少ないってご存知でしたか?

牛乳のパッケージを見てみると、殺菌の方法はよく「130℃2秒間」と書かれています。

こうすると確かに殺菌効果は高く、その分賞味期限が延びますが、同時に牛乳に含まれる食物酵素までも死んでしまうのです。

超高温瞬間殺菌は製造の際のスピードを上げる効率の良い方法ですが、人間にとっては貴重な食物酵素までも壊してしまい、単なる太りやすい脂肪分となります。

低温保持殺菌といわれる、省令の中で定められた一番低温での殺菌は、63~65℃で30分と定められています。

この製法で作られた牛乳はコストがかかり、高い値段になってしまいますし、賞味期限も短いですが、体にとって有用な菌は多いとされています。

乳製品を食べるのなら、乳酸菌を加えて発酵させたヨーグルトを選びましょう。

発酵食品であるヨーグルトは、腸内の悪玉菌を減らし、健康な状態へと導きます。特に、食物酵素たっぷりの生の果物との組み合わせは、最高の酵素メニューとなるでしょう。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。