睡眠で体内酵素をチャージする

人間は寝ている間に全身のすべての臓器、骨格などを点検し、異常があれば修理、補修をしています。不要なものや古くなったものを捨てて新しいものに入れ替えているのです。これが新陳代謝ですが、ここで活躍しているのが代謝酵素です。

そしてもう1つ、睡眠中の大きな役割があります。それは、睡眠中に酵素を大量生産していることです。翌日の消化・吸収作業や代謝作業に備えて、1日分の体内酵素を懸命にチャージしています。

睡眠不足が続くと、消化不良になったり、便秘になったりした事はありませんか?これは、睡眠中に十分な酵素が生産されないことも原因の1つです。

この酵素を生産する活動は、起きて活動しているときには、はかどりません。ですから寝ている夜間に行われるのです。でも、その夜に眠らず活動をすると、この作業は思うように進みません。体内酵素を使った体の修理や新陳代謝も、翌日の消化・吸収、代謝に必要な酵素の生産も思うように行われないのです。

それから、寝る時間帯ですが、体の生理リズムに基づいた午後8時から午前4時までの「吸収と代謝」の時間帯が含まれている事が重要です。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。