酵素で寿命が決まる!?

「寿命も酵素のない材料に左右される」

こう言っているのは、アメリカのエドワード・ハウエル博士です。博士は、1985年に50年にもわたる酵素研究の集大成とせして、「Enzyme Nutrition(酵素栄養学)」という書籍を発表しました。

この本に書かれていることは、”酵素の不足から病気は導かれ、難病は酵素の極端な不足が原因である”ということです。その結果、酵素は寿命を左右するということなのでしょう。

では、寿命にまで関わる酵素の働きとはなんなのでしょうか?

どうやら、体の中で起こる化学反応の触媒になっているようです。ということは、体に酵素が不足していると、いくらエネルギーとなる栄養素を食事で取ったところで、必要な量の化学反応が起こせなくなり、不具合が出てきてしまいます。

化学反応とは簡単に言うと、三大栄養素のタンパク質・糖質(炭水化物)・脂質が体内でエネルギーに変換されることです。
私たちの体には、60~100兆個の細胞があり、その一個あたり毎分100万回の異なった化学反応が起きているそうです。

どえらい化学反応が、私たちの体では、この一瞬の間に起きているんです!
びっくりですね!!この化学反応の仲立ちをしているのが、酵素なんです!!

これが不足したら、、、考えるだけでもぞっとしますね。笑

酵素のこの重要性から、博士は、酵素のことを「生命の光」と呼んでいます。なんと的を得た言葉でしょうか!!

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。